一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

山口・石井体制継続=代表「全身全霊闘い抜く」―公明党



公明党は25日、東京都内で定期党大会を開き、山口那津男代表(70)の8選を承認した。任期は2024年9月まで。石井啓一幹事長(64)を続投させ、政調会長に高木陽介選対委員長(62)を起用する新執行部人事を決定。山口氏は「党の力を最大限に発揮できるよう全身全霊闘い抜く」と述べ、党運営に全力を挙げる考えを示した。

山口氏は「謙虚で真摯(しんし)な姿勢で政権運営に徹し、岸田政権を全力で支える」と表明。来春の統一地方選にも触れ、「重要な政治決戦だ。かつてない党勢拡大の金字塔を打ち立て、必ずや全員当選を勝ち取っていこう」と呼び掛けた。

来賓として出席した岸田文雄首相は「国民の暮らしを守る自公連立政権発足(当時)の思いをさらに強固にして、国難を共に乗り越えていこう」と語り、政権への協力を求めた。

他の主要人事では、選対委員長に西田実仁参院議員会長(60)が就任。北側一雄中央幹事会長(69)と佐藤茂樹国対委員長(63)は再任された。

【時事通信社】 〔写真説明〕公明党大会で代表続投が承認され、あいさつする山口那津男代表=25日午後、東京都千代田区 〔写真説明〕公明党大会で代表の続投が承認され、あいさつする山口那津男代表=25日午後、東京都千代田区

2022年09月25日 19時03分


関連記事

賃上げ中小の設備投資支援=固定資産税

未利用地売却、税特例を拡充=不明土地

立民・泉代表、続く難局=政権追及アピ

「年内決着」明言、岸田首相にリスク=

30年までの新目標焦点=「陸・海30

研究開発、積極企業を優遇=控除率「1

政権立て直し「窮余の策」=国民取り込

自民、国民と連立検討=局面転換狙う、

岸田首相、派閥領袖で首位=自民総裁選

2次補正が成立=物価高対策で28.9

「反撃能力」保有、与党が正式合意=安

被害救済法案、6日審議入り=立民、政

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース