一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

為替介入「必要で適切」=円安、急速かつ一方的―黒田日銀総裁



日銀の黒田東彦総裁は26日、大阪市内で記者会見し、政府・日銀が22日に外国為替市場で実施した円買い・ドル売り介入について「(為替相場の)過度な変動に対する必要な対応で適切だ」との認識を示した。最近の円安に関しては、「これまでの急速かつ、一方的な動きはわが国経済にとってマイナスだ」と強調。その上で、「先行きの不確実性を高め、望ましくない」と述べた。

欧米の中央銀行が利上げを加速させる中、内外金利差の拡大で円安が進んでいる。日銀が金融緩和を継続したまま、円安を是正しようと為替介入を行っても効果が阻害されるとの市場の見方に対しては、「そうは全く考えていない。何ら矛盾はない」と否定。「為替介入と金融政策は目的も効果も違うが、それが組み合わされて、より適切な状況が実現される」と述べ、介入の効果は失われていないとの見方を示した。

【時事通信社】 〔写真説明〕記者の質問に答える日銀の黒田東彦総裁=26日午後、大阪市北区(代表撮影)

2022年09月26日 19時20分


関連記事

産油量、目標据え置き=対ロ制裁の影響

インフレ抑制、道半ば=人手不足で賃金

ドローン、市街地で飛行可能に=物流で

米雇用、26.3万人増=予想上回る、

G7とEU、原油上限60ドルに=ロシ

円、乱高下=米雇用統計で一時急落―N

日本躍進、消費に弾み=サッカー用品や

円急伸、134円台後半=3カ月半ぶり

中国電、赤字2097億円に=カルテル

円急騰、3カ月ぶり135円台=米利上

連合、賃上げ要求「5%程度」=水準引

10月の米物価、6.0%上昇=伸び減

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース