一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京株、一時600円超安=欧米景気の先行き警戒



28日午前の東京株式市場は、欧米景気の先行きに対する根強い警戒感から、値がさ株を中心に売りが広がった。日経平均株価は大幅反落して下げ幅が一時、前日比600円を超え、取引時間中として7月4日以来約3カ月ぶりに2万6000円を割り込んだ。午前の終値は587円36銭安の2万5984円51銭。

米株式市場では27日、米連邦準備制度理事会(FRB)の急速な利上げに伴う景気悪化懸念が重しとなり、優良株で構成するダウ工業株30種平均が6営業日続落。英国で大型減税案が打ち出されたり、エネルギー問題が不安視されたりして欧州の金融市場が混乱していることも投資家心理を冷やす要因となった。

【時事通信社】 〔写真説明〕2万6000円を割り込んだ日経平均株価を示すモニター=28日午前、東京都中央区

2022年09月28日 12時16分


関連記事

産油量、目標据え置き=対ロ制裁の影響

インフレ抑制、道半ば=人手不足で賃金

ドローン、市街地で飛行可能に=物流で

米雇用、26.3万人増=予想上回る、

G7とEU、原油上限60ドルに=ロシ

円、乱高下=米雇用統計で一時急落―N

日本躍進、消費に弾み=サッカー用品や

円急伸、134円台後半=3カ月半ぶり

中国電、赤字2097億円に=カルテル

円急騰、3カ月ぶり135円台=米利上

連合、賃上げ要求「5%程度」=水準引

10月の米物価、6.0%上昇=伸び減

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース