一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

黒人風髪形の白人モデル「不適切」=コムデギャルソンに批判



【ロンドン時事】日本のファッションブランド「コムデギャルソン」が、黒人の間で一般的な編み上げの髪形のかつらを白人モデルに着用させたことが「文化的に不適切だ」と批判を浴びている。ファッション業界では近年、同様に批判される事例が相次いでいる。

コムデギャルソンは日本人の著名デザイナー川久保玲氏が立ち上げ、世界的に人気を集めるブランド。17日にパリで2020年、21年秋冬のメンズコレクションを発表し、トウモロコシのように編み上げた「コーンロウ」と呼ばれる髪形のかつらを白人モデルに着用させた。

これに対し、ファッション誌「ヴォーグ」はかつらを「奇妙」と指摘。インスタグラムの業界批評アカウント「ダイエットプラダ」は「白人モデルに編み上げの髪形をさせた決定には確かに問題がある」と批判した。

この髪形を手掛けたヘア・アーティストのジュリアン・ディス氏は自らのインスタグラムで「誰かを傷つけたり怒らせたりする意図は全くなかった。そうしたのなら深くおわびする」と謝罪。髪形は「エジプトの王子」から着想を得たものだったと釈明した。

業界では昨年、高級ブランド「グッチ」の黒いセーターのデザインが黒人差別だと批判されたほか、「ドルチェ&ガッバーナ」も宣伝動画が中国文化の侮辱だと非難された。

〔写真説明〕17日、パリでのファッションショーに出演したコムデギャルソンのモデル(AFP時事)

2020年01月21日 08時01分


関連記事

NTT、ドコモを完全子会社化へ=携帯

キオクシア、上場延期発表=米中対立で

TikTok禁止差し止め=米連邦地裁

中国半導体最大手へ輸出制限=米「軍事

北京モーターショー、主戦場はEV=ホ

キオクシア、10月上場は中止=ファー

地銀のIT戦略に暗雲=ノウハウ不足、

ANA、公募増資検討=2000億円規

米政権、TikTok禁止の正当性訴え

おせち商戦、巣ごもり狙う=取り分け不

レオパレスが債務超過=6月末時点で1

郵政グループ、信頼さらに失墜=不正出

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース