一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

黒人風髪形の白人モデル「不適切」=コムデギャルソンに批判



【ロンドン時事】日本のファッションブランド「コムデギャルソン」が、黒人の間で一般的な編み上げの髪形のかつらを白人モデルに着用させたことが「文化的に不適切だ」と批判を浴びている。ファッション業界では近年、同様に批判される事例が相次いでいる。

コムデギャルソンは日本人の著名デザイナー川久保玲氏が立ち上げ、世界的に人気を集めるブランド。17日にパリで2020年、21年秋冬のメンズコレクションを発表し、トウモロコシのように編み上げた「コーンロウ」と呼ばれる髪形のかつらを白人モデルに着用させた。

これに対し、ファッション誌「ヴォーグ」はかつらを「奇妙」と指摘。インスタグラムの業界批評アカウント「ダイエットプラダ」は「白人モデルに編み上げの髪形をさせた決定には確かに問題がある」と批判した。

この髪形を手掛けたヘア・アーティストのジュリアン・ディス氏は自らのインスタグラムで「誰かを傷つけたり怒らせたりする意図は全くなかった。そうしたのなら深くおわびする」と謝罪。髪形は「エジプトの王子」から着想を得たものだったと釈明した。

業界では昨年、高級ブランド「グッチ」の黒いセーターのデザインが黒人差別だと批判されたほか、「ドルチェ&ガッバーナ」も宣伝動画が中国文化の侮辱だと非難された。

〔写真説明〕17日、パリでのファッションショーに出演したコムデギャルソンのモデル(AFP時事)

2020年01月21日 08時01分


関連記事

清水銀、SBIと資本提携=最大3%受

中部電力、社長に林欣吾氏=電事連会長

日本経済、景気後退入りか=GDP、2

トヨタ、中国生産再開=本格稼働になお

日産、混乱収束と再建急ぐ=内田氏ら4

GDP、5四半期ぶりマイナス=増税・

米中「第1段階」合意発効=初の関税下

国内企業、感染拡大に備えを=在宅勤務

副作用に強まる懸念=マイナス金利4年

東芝、子会社で架空売り上げ435億円

横浜で開く予定だったアジア最大のカメ

中国ピアノ販売に暗雲=新型肺炎、2大

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース