一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

燃油サーチャージ最高更新=10~11月、北米1万円増―日航



日本航空は18日、国際線の旅客運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、10~11月発券分を引き上げると発表した。ロシアのウクライナ侵攻などに伴う原油高や円安を反映したためで、8~9月発券分に続き過去最高を更新した。日本発で最も遠い北米や欧州は片道で約1万円の上乗せとなる。全日本空輸も近く引き上げを発表するとみられる。

日航は、北米・欧州などで同運賃を5万7200円(現行4万7000円)とする。ハワイ・インドネシアなどは3万7400円(同3万500円)、タイ・マレーシアなどは2万9800円(同2万4700円)、グアム・フィリピン・ベトナムなどは2万2900円(同1万7800円)、韓国などは7700円(同5900円)。

〔写真説明〕羽田空港に駐機する日航機(EPA時事)

2022年08月18日 17時51分


関連記事

アルツハイマー新薬の効果確認=エーザ

八十二銀、長野銀と合併へ=来年6月に

円下落、一時144円台後半=為替介入

東京株、一時600円超安=欧米景気の

政治の動向、小売りを翻弄=日系の中国

今年の中国成長率、2.8%=見通し大

円買い介入、3兆円規模=円安阻止へ過

円下落、144円台半ば=介入警戒も軟

東京株、722円の大幅安=景気後退懸

日中企業、半世紀で関係深化=松下電器

為替介入「必要で適切」=円安、急速か

シェール増産、機運高まらず=原油高も

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース