一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

名古屋ご当地キャラ「八十亀ちゃん」に熱視線 コラボ商品に反響、着ぐるみは存在感発揮



名古屋への愛が全開で、名古屋弁をしゃべりまくる女子高生のキャラクターが地元で熱い視線を浴びている。現在、第2期「2さつめ」が放送中のアニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき」の主人公、八十亀最中(やとがめ・もなか)。地域限定のコラボ商品が売り切れる人気ぶりを見せ、着ぐるみ「おおきい八十亀ちゃん」の認知度も急上昇中だ。

原作は愛知県出身の漫画家、安藤正基さんの同名コミック(一迅社刊)。名古屋を中心とした東海地方の地元ネタ満載で描く4コマ漫画だ。昨年4月のアニメ化では「うみゃあ」「ちんちん」など名古屋弁丸出しの八十亀ちゃんを演じた戸松遥さんをはじめ、登場キャラと同じ出身地の声優で固めたことも話題となった。

「1月はサンドロールの売り上げが2割アップしました」。そう話すのは敷島製パン(名古屋市東区)の池井戸悟・広報室長。東海地方を中心に発売している菓子パン「サンドロール」が作品に登場した縁から、八十亀ちゃんたちのラベルを貼った季節限定商品を出したところ、用意していたラベルが足りなくなるほどの人気に。昨秋に続く2回目のコラボだったが、販売店がほとんどない関東方面からの問い合わせもあり、反響の大きさに驚いたという。

名古屋の人たちがつい手を出してしまい、八十亀ちゃんが「悪魔の食べ物だで」と作中で言う地元菓子「しるこサンド」。昨秋、八十亀ちゃんらキャラクターを袋にあしらった商品をお土産用に出したが、売っている場所を探して愛知県小牧市にある本社工場の直売店まで買いに来たファンもいたそうだ。

アニメ化に合わせて昨年登場した着ぐるみ「おおきい八十亀ちゃん」は、ご当地キャラとして認知されつつある。イベントで何度も出没している大須商店街(名古屋市中区)を歩けば、若い女性らから「八十亀ちゃんだ」「かわいい」と声が掛かる。昨年は名古屋の夏の恒例イベント「世界コスプレサミット」にも参加し、世界中から集まったコスプレイヤーやアニメファンにその存在感を示した。

八十亀ちゃんは漫画・アニメキャラとして唯一、名古屋観光文化交流特命大使を委嘱され、昨年8月には「広報なごや」の別刷り特集にも登場した。同市観光文化交流局の田頭泰樹・ナゴヤ魅力向上室長は「八十亀ちゃんの世界は名古屋そのもので、そのままエリアのプロモーションになってしまう。こんな存在は他にない」と話している。 〔写真説明〕大須商店街を歩く「おおきい八十亀ちゃん」=名古屋市 〔写真説明〕「おおきい八十亀ちゃん」と「サンドロール」のコラボ商品=名古屋市の敷島製パン

2020年02月22日 12時00分


関連記事

ソフトバンクは選手が要望、自主練習開

五輪再スタート厳しく=準備にマイナス

スポーツが消えた日常=新たな役割考え

東京五輪「来夏しかなかった」=渡辺守

消えた欧州の日常=公式戦再開めど立た

選手村マンション、補償焦点=入居遅れ

4月24日開幕断念、当面延期=レギュ

夏・名古屋場所を2週間延期=中止や変

プロ野球、開幕当面延期=Jリーグは再

再開日程を白紙=早くても5月下旬―J

コロナ感染の田嶋会長退院=五輪はU2

ウィンブルドン、75年ぶり中止=戦争

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース