一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

介入停止宣言、武器禁輸も徹底=リビア和平へ関係国共同声明



【ベルリン時事】東西分裂が続く産油国リビアの内戦をめぐり、欧米や中ロ、トルコ、中東、アフリカの首脳・外交トップらは19日、ベルリンでの和平協議で、軍事介入停止や武器禁輸徹底などを盛り込んだ共同声明を採択した。

ロシアとトルコを中心に各国がリビアに干渉して内戦の泥沼化が懸念される中、首脳らが一堂に会し、和平への意思を共有した形だ。

ただ、当事者である暫定政権のシラージュ首相と、対立する軍事組織「リビア国民軍(LNA)」のハフタル司令官は同席せず、一部首脳らと個別会談したのみで、和平実現の見通しはなお不透明だ。ドイツのメルケル首相は「(和平は)容易ではないが、今回の合意は大きな機会だ」と強調した。

共同声明は、両勢力への直接・間接の軍事支援停止や、国連決議に基づく武器禁輸の徹底などを宣言。また、暫定政権が管理する国営石油会社が唯一の正当な石油販売会社だとして、石油輸出を妨害しているLNAに自制を求めた。

協議にはロシアのプーチン大統領やトルコのエルドアン大統領、フランスのマクロン大統領、ポンペオ米国務長官、グテレス国連事務総長らが出席した。

〔写真説明〕19日、ベルリンで、リビア和平協議終了に当たり記者会見するドイツのメルケル首相(AFP時事)

2020年01月20日 07時28分


関連記事

現職ガニ氏の再選確定=政局混乱必至―

全人代、3月下旬検討か=習氏、影響最

ブルームバーグ氏を警戒=支持率3位に

全人代延期へ=新型肺炎で異例措置―習

司法省OB、異例の長官辞任要求=大統

中国医療関係者の感染3000人超=病

韓国保守勢力が結集=総選挙控え革新与

新型肺炎、死者1868人に=湖北以外

中国、ビッグデータで感染経路特定=新

反体制派拠点の進攻やめず=トルコの警

新型肺炎、感染7万人突破=1770人

米国人乗せたチャーター機出発=クルー

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース