一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

日英、戦闘機の機体共通化へ=F2後継、コストを抑制



政府は航空自衛隊F2戦闘機の後継機について、英国が開発中の戦闘機と計画を統合し、共通の機体とする方向で調整に入った。双方の技術力を生かすと同時に生産コスト抑制につなげる狙い。複数の関係者が17日、明らかにした。8月末にまとめる防衛省の2023年度予算概算要求に関連事業を盛り込んだ上で、こうした方針を年末に決定する考えだ。

日本の次期戦闘機は、00年に配備が始まったF2が退役する35年ごろの運用開始を予定する。英国も空軍主力機「ユーロファイター・タイフーン」の後継機「テンペスト」について同時期の就役を目指して開発に着手しており、日英は協力の可能性を探ってきた。

協議の結果、高いステルス性や航続距離、機体の大きさ、搭載するエンジンの数などについて要求性能がほぼ一致。英側が情報開示にも積極的で、将来的な改修の自由度も確保できることから、防衛省も計画の統合に踏み切ることにした。

日本側は三菱重工業、英側は航空防衛大手BAEシステムズが開発主体となる。加えて、エンジンをIHIと英ロールスロイス、レーダーを三菱電機とイタリアの防衛装備大手レオナルドの英国法人が開発する構図が固まっている。

自衛隊と英国軍は、いずれも米軍と共同の作戦に当たることが想定されるため、米軍との相互運用性の確保について米側から支援を受ける方向。イタリアも英国の戦闘機開発への参加が決まっていることから、日英共同開発に加わる可能性がある。

ただ、秋に予定される英国の首相交代が不安要素として残る。現職のジョンソン首相は日英の戦闘機共同開発に前向きだが、後継首相の姿勢によっては計画の修正もあり得る。日英は年末の合意に向け、詰めの調整を続ける方針だ。

〔写真説明〕航空自衛隊のF2戦闘機(空自ホームページより) 〔写真説明〕英空軍戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」=2015年12月3日、キプロスの英軍基地(AFP時事)

2022年08月17日 17時59分


関連記事

SMBC日興に一部業務停止命令へ=監

臨時国会、12月10日まで69日間=

日韓首相、関係改善へ「意思疎通を加速

臨時国会、10月3日召集=会期説明な

安倍氏、外交・安保で存在感=「森友・

対中連携、豪印首脳と確認=岸田首相が

安倍氏国葬、4200人参列=世論二分

「違和感、疑問、反発」=立民、共産が

外務省、領事館員拘束に抗議=駐日ロシ

入国時検査を原則撤廃=同時に旅行支援

午後に安倍氏国葬=一般献花に長蛇の列

ハリス米副大統領と同盟強化確認=岸田

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース