一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

正代、反応良く=大相撲初場所



正代はうるさい松鳳山に防戦となったが、左が入ってからの反撃が速かった。右もうまく使って一気の寄り切り。あまりの圧力の強さに相手が浮き上がるほどの豪快な攻めでトップの1敗を守り、「よく反応できている」と振り返った。

弟弟子の豊山も2敗を堅持。「部屋としての流れがいいし、自分としても負けられない。あっちも負けたくないと思っているのでは」。東農大の後輩の奮闘も刺激に変え、いよいよ終盤戦を迎える。

【時事通信社】 〔写真説明〕正代(右)は松鳳山を寄り切りで下す=21日、東京・両国国技館

2020年01月21日 19時41分


関連記事

首位川崎が7連勝=C大阪は競り勝つ―

正代、翔猿下して初V=大相撲秋場所千

正代が初優勝、大関も手中=熊本初、時

阪神で集団感染、1軍戦は実施=糸原、

神戸、三浦監督初陣飾る=J1

正代、初優勝に王手=翔猿は3敗に後退

関係者を削減、入村式廃止=運営簡素化

鹿児島国体、23年実施決まる=佐賀2

正代、貴景勝破り2敗堅持=翔猿もトッ

貴景勝、正代、翔猿が2敗=大相撲秋場

バッハ会長「必ず実現できる」=東京五

53歳カズがJ1最年長出場=13年ぶ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース