一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

白毛のソダシ、無敗で制覇なるか=ライバルも多士済々―競馬桜花賞



中央競馬の3歳牝馬3冠レース第1戦、第81回桜花賞(GI)は11日、阪神競馬場の芝1600メートルコースで行われる。昨年12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)で白毛馬として初のGI制覇を遂げたソダシが、史上8頭目となる無敗での「桜の女王」の座を目指す。

阪神JFでソダシは、サトノレイナスと首の上げ下げとなった際どい勝負を7センチ差でものにした。サラブレッドの中で最も希少な毛色ゆえに話題先行の感もあったが、大舞台で持ち前のスピードと粘り強さを発揮した。

過去4戦はいずれも最後の直線で確実に脚を伸ばしており、大崩れは考えにくい。4カ月ぶりのレースとなるものの、課題だったゲート練習にも時間を割くことができた。管理する須貝尚介調教師は「言葉が見つからないほどうまく調整できた」と自信をのぞかせる。

サトノレイナスをはじめ、ライバルも多士済々の顔ぶれ。アカイトリノムスメは父がディープインパクト、母は3歳牝馬3冠のアパパネ。毛色は鹿毛だが、ソダシ同様に白毛馬シラユキヒメの血統を受け継ぐメイケイエールなどの評価も高い。

【時事通信社】 〔写真説明〕第72回阪神ジュベナイルフィリーズを制した白毛馬のソダシ。騎乗は吉田隼人騎手=2020年12月13日、阪神競馬場

2021年04月08日 17時50分


関連記事

予選と選考会が本格化=テスト大会など

松山がメジャー制覇=日本男子初の快挙

松山、マスターズ制覇=日本男子初のメ

川崎が4連勝=名古屋、8戦連続無失点

松山、単独首位に浮上=2位と4打差、

池江が4冠=出場種目全て優勝―競泳日

水沼、川本が五輪代表=男子100バタ

池江、400リレーも五輪代表=200

川崎、通算300勝=神戸が3位に浮上

佐藤翔馬が日本新、武良竜也も五輪切符

北朝鮮が東京五輪・パラ不参加=新型コ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース