一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

大阪桐蔭、春夏連覇ならず=下関国際、近江が4強―仙台育英と聖光学院も・高校野球



第104回全国高校野球選手権大会第12日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、下関国際(山口)、聖光学院(福島)、近江(滋賀)、仙台育英(宮城)が準決勝に進んだ。

下関国際は、3度目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭(大阪)に5―4で逆転勝ち。1点を追う九回に賀谷が2点適時打を放った。聖光学院は九州学院(熊本)に10―5で快勝。一回に三好の適時打などで5点を奪った。ともに初の4強。

今春の選抜大会準優勝の近江は高松商(香川)に7―6で競り勝ち、2年連続3度目の準決勝へ。仙台育英は愛工大名電(愛知)を6―2で破り、7年ぶり3度目の4強入りを果たした。

19日は休養日。抽選の結果、20日の準決勝は仙台育英―聖光学院、近江―下関国際の対戦となった。

【時事通信社】 〔写真説明〕下関国際に敗れ、涙する大阪桐蔭の選手ら=18日、甲子園 〔写真説明〕大阪桐蔭に勝利し、応援席に向かって駆け出す下関国際ナイン=18日、甲子園 〔写真説明〕力投する近江先発の山田=18日、甲子園

2022年08月18日 19時57分


関連記事

日本、エクアドルとドロー=GKシュミ

日本、エクアドルと分ける=W杯メンバ

池永正明さん死去=「黒い霧」、35年

日本、米国に2―0快勝=トップ下の鎌

ヤクルトが連覇=野村監督の93年以来

ヤクルト、高い得点力で連覇=圧倒的強

玉鷲、最年長V=37歳10カ月、21

玉鷲、優勝に王手=1差の高安と千秋楽

日本、米国に快勝=鎌田、三笘がゴール

玉鷲、24日にもV=2敗堅持、1差に

玉鷲、単独トップ維持=1差に高安、北

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース