一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

阿部詩が優勝=世界選手権代表に―柔道GS東京



柔道のグランドスラム(GS)東京大会最終日は4日、東京体育館で男女計8階級が行われ、女子52キロ級は東京五輪金メダリストの阿部詩(日体大)が決勝で志々目愛(了徳寺大職)を下した。10月の世界選手権に続く優勝で、来年5月の同選手権(ドーハ)代表に決まった。

女子78キロ超級は東京五輪金メダルの素根輝(パーク24)が決勝で秋場麻優(ALSOK)に優勢勝ち。同78キロ級決勝は高山莉加(三井住友海上)が東京五輪優勝の浜田尚里(自衛隊)に勝ち、同48キロ級は17歳の宮木果乃(東京・修徳高)が制した。

男子100キロ超級決勝は太田彪雅(旭化成)が影浦心(日本中央競馬会)に一本勝ち。同66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)が勝った。同100キロ級は東京五輪金メダルのウルフ・アロン(了徳寺大職)が初戦の2回戦で敗退し、飯田健太郎(旭化成)は決勝で敗れた。

【時事通信社】 〔写真説明〕グランドスラム東京大会で優勝した阿部詩(中央)=4日午後、東京都体育館

2022年12月04日 22時34分


関連記事

ジョコビッチ、四大大会22勝目=女子

安藤、日本人トップの3位=上杉4位、

早田が3年ぶりV、女子3冠=男子は戸

サバレンカ、四大大会初V=ルバキナに

連覇懸かる大阪桐蔭選出=昨夏王者の仙

出場36校決まる=仙台育英など―選抜

侍ジャパンにヌートバー、山川ら=WB

門田博光さん死去、74歳=「不惑」の

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース