一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

観葉植物の育て方

せっかく購入した観葉植物ですから、いつまでも元気で綺麗なままでいてほしいですよね。
そのためには自分が世話している植物がどんな環境で栽培されてきたものなのか、どういったことが苦手なのかを把握してあげることだと思います。
たかが植物と思うのではなく、愛情を持って育ててあげましょう。

観葉植物を元気に育てるポイント

観葉植物を元気に育てるには以下の4つのポイントに注意してください。

  1. 日当たり
  2. 水やり
  3. 温度
  4. 風通し
では、それぞれについて詳細を確認しましょう。

日当たり

植物には日光が好きなものと日陰を好むものとがあります。育てる植物がどのくらいの明るさを好むのかはしっかり把握しておきましょう。
部屋の明るさについては大きく以下の4つに分類されます。

日当たりの良い場所
カーテンがかかっておらず、直射日光が当たる場所。日光が大好きな植物が適しています。(例:ユッカ、セロームなど)

明るい日陰(レースのカーテン越し)
直射日光は当たらないものの、カーテン越しに充分な光が当たる場所。室内で育てられる観葉植物の多くはこの環境を好みます。(例:サンスベリア、ガジュマルなど)

日陰(蛍光灯)
日光が当たらず、蛍光灯のみの灯りが頼りの場所。日陰に強い観葉植物であれば元気に育てることが可能です。(例:ライムポトス、モンテスラなど)

暗めの日陰(白熱球)
白熱球の光だけが頼りの場所。日陰に充分強い植物でないと育成ができません。(例:シュロチク、テーブルヤシなど)

水やり

基本は土の表面が白っぽく乾いたらたっぷり与え、受け皿に水をためないことですが、植物によっては例外もありますので注意してください。
ここでいう「たっぷり水を与える」とは鉢底から水が流れてくるまで水をあげることを言います。この理由は根の隅々まで水を行き届かせるため、鉢全体に水を通して根が呼吸するための新鮮な空気を入れ替えるための2つです。 もちろん、受け皿に溜まった水は捨てましょう。

また、季節によっては水をあげない方がいい植物もありますので、不安な場合はホームセンターなどで確認してみましょう。

温度

観葉植物は一般的に10度を下回ると元気がなくなります。その理由は観葉植物はもともと熱帯地方に自生しているものが多く、15度以上で元気に育つものが多いからです。
10度を目安として室温がそれ以下になる場合は温かい部屋へ移動してあげましょう。

風通し

閉め切られた空気の流れのない場所では、どんなに明るい場所であっても植物は元気が無くなってしまいます。
植物を置く部屋はこまめに換気をして空気の入れ替えをするようにしましょう。

肥料の与え方について

他に覚えておきたいのは肥料を与えるタイミングについて。肥料を与えるタイミングは
「葉に元気がなく、茎が弱々しくなってきた時」と「花を咲かせたい時」です。

既にぐったりと弱ってしまった植物は根が痛んでいたり根詰まりを起こしている可能性があり、その状態で肥料を与えてしまうと肥料やけの原因となります。

また、植え替え直後も根に傷がついていますので肥料をあげるのは避けましょう。