一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

初心者でも育てやすい野菜

家庭菜園を始める際のポイントについてご説明しましたが、実際に育てやすい野菜は何なのでしょうか?

一般的に育てるのが簡単と言われている野菜について以下にまとめましたので参考にしてみてください。

ミニトマト

家庭菜園で最も人気があるミニトマト。沢山の実がなるので収穫量が多いのと、放っておいても簡単に育つので初心者にはもってこいです。
脇芽かきという葉の付け根から出ている芽を摘み取る作業をしっかり行うことで栄養分が分散する事無く、実が沢山なる苗を育てる事ができます。

また、水やりの際には株元にあげるようにし、実や葉に直接水がかからないようにします。

きゅうり

苗を植えてから40日程度で収穫が可能になるので、とてもスピーディに家庭菜園を楽しめます。どんどん成長するので毎日違った姿を見られるのも魅力のひとつ。

つるが長くなるので支柱が不可欠です。うまく育てると大量に収穫できるので、あまり沢山育てないことをおすすめします。1株か多くても2株程度に留めておきましょう。

ナス

トマト、きゅうりと並んで人気なのがナスです。種を撒いてから収穫までかなりの日数がかかるので、苗から育てるのがおすすめです。

ホームセンターに行くと、様々な品種の苗が販売されており、どの品種が良いのか分からなくなってしまうかもしれません。
プランターで育てる場合は中長ナスか小ナスが失敗が少ないようです。

オクラ

乾燥に強く、病害虫も比較的少ないので家庭菜園でも育てやすい夏野菜です。
また、美しい花を咲かせ、次々とさやを付けるので長く収穫できます。どんどん収穫できるので、収穫が遅れてさやが固くならないように注意が必要です。

低温と多湿の環境を嫌うので充分に暖かくなってから日の当たる場所で育てるのがベストです。

とうがらし

ほとんど手入れもいらず、簡単に栽培できます。ただし、根が浅く風で倒れやすいので、植え付けと同時に長めの支柱を立てる必要があります。

早い時期に収穫すれば青唐辛子、完熟するまで待って収穫すれば赤唐辛子と1株で2度楽しめるのも魅力です。また、乾燥させれば長期保存も可能です。

ラディッシュ

別名二十日大根と呼ばれ、種を撒いてからわずか20日程度で収穫できる野菜です。生育期間がとても短く育てやすいのが特徴です。
赤い色をした可愛らしい根はサラダや甘酢漬けにして食べると美味しいですよ。根以外の葉や茎ももちろん食べられます。