一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

日本庭園について

旅館や料亭の綺麗な庭園に憧れることはないでしょうか?本格的なものになるとスペースや費用がかかってきますが、それに近いものでしたら 自宅で再現することも可能なんです。

自分の可能な範囲で日本庭園を作ってみませんか?自分で作った庭なら愛着も一潮です。

日本庭園の特徴

日本庭園の大きな特徴として「見立て」があります。「見立て」とは自然風景を再現した演出のことで、代表的ものですと枯山水などがあります。 他にどのような見立てがあるのかを学んでみましょう。

遣水【やりみず】
海を模した池や滝に見立てた水の流れ、園内の池などに注ぐ曲線の水路を作ります。

龍門瀑【りゅもんばく】
石や岩を組んで滝、鳥や山を表します。

枯山水【かれさんすい】
水を使わないで石、砂などで水が流れる様を表します。砂紋という文様を施すことで波などの海の表情まで伝わって来るようです。
また、自然を模しているので風景は曲線的で、左右非対称というのが大きな特徴です。 これに対し外国の庭園は左右対象に作られていることが多いです。

日本庭園の形

上記の見立ても日本庭園の形式に分類されます。日本庭園の基本形は3つに分類されます。

寝殿造り
寝殿の南側から中島のある池にむけて水を流し込むように作られているのが特徴的です。建物の前方に庭が広がるように造られており、これは寝殿からの眺めが一番いいようにするために設計されたものです。現在、この形式は現存していません。

浄土式庭園
極楽浄土を表現し、平安時代では阿弥陀如来を中心とした思想を表現しています。有名なのは平等院鳳凰堂です。池と阿弥陀堂がセットになっており、池は此岸と彼岸を隔てる大海を表現しています。

池泉回遊式庭園
大きな池を中心にした庭を歩きながら鑑賞するスタイルの庭園です。築山を岩組み、雑木林などを造り変化に富ませていることが特徴です。大規模な物が多いです。

枯山水庭園
前述したように石や砂などで水を表現している庭園。禅宗の影響を受けて造られており、自然と「対話する」庭とも言われます。観る人によって自由に解釈できる楽しさがあります。

時代とともに移り変わる日本庭園

形式によって庭園の造りかたが異なるのはもちろんですが、造られた時代によっても違いがあります。どのように変化していったのかをご紹介します。

飛鳥・奈良時代
日本庭園の時代は飛鳥時代から始まります。当時は曲水(きょくすい)という蛇行する川のような池泉を造り、「曲水の宴」という遊びを行いました。池泉に盃を流し、これが自分の前に来るまでに歌を詠まなくてはならない遊びで、詠めなければ目の前に来た盃の酒を飲まなくてはなりません。

平安時代
平安時代になると、貴族たちは自らの住居である寝殿に広大な池泉を擁した庭園を築くようになります。池泉には中島(島)があり、橋が架けられ、川を模した遣水(やりみず、池泉に注ぐ曲線の水路)もありました。貴族たちはこの池泉庭園を建物から眺めたり、歩きながら観賞したり、時には池泉に舟を浮かべ、その舟からの眺めを楽しんだのです。
飛鳥時代から平安時代まで、庭園は貴族のものでした。しかし鎌倉時代以降、これまでとは庭園の様式が大きく変化していきます。

鎌倉・室町時代
鎌倉時代になると寝殿造りから書院造へと建築様式が大きく変化しました。これまでの広大な庭園を造るスペースは無くなったことにより枯山水庭園が発展していきました。

桃山時代
茶の湯が発達し、茶室や露地茶室に付随する庭園)が生まれました。これまでの日本庭園は自然を凝縮したものでしたが、身近な山の中に入り込んでしまったような風情を作り、意匠も控えめになりました。
石灯籠が置かれるようになったのもこの辺りからです。

江戸時代
江戸時代には再び大きな池を中心とした様式に戻り、各地に造園されました。しかし、古代の庭園とは全く異なり、中国趣味を取り入れたもの、中には海水を引き入れたものまで多様になりました。