一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

犬の登録と狂犬病予防

新しく犬を飼う方へ

初めて犬を飼うときは、飼い主に義務付けられている事があります。
自治体によって違う部分もありますので、お住まいの自治体のアナウンスに従ってください。
犬の飼い主は生後91日以上の犬について生涯1回の登録と毎年1回の狂犬病の予防注射を行うことが【狂犬病予防法】で義務づけられています。

まずは、新しく飼う犬の登録をしましょう

登録は市町村窓口で行っているので、お住まいの地域の役所へ行き登録をしてください。

狂犬病予防注射を打つタイミング

犬を飼ってから30日以内に動物病院で予防接種を打ってください。
また、それ以降は毎年1年1回4月~6月に狂犬病予防法によって予防注射の接種期間になっていますので、動物病院で打つようにしましょう。

狂犬病の予防注射を打つと病院から注射済票交付がもらえますので大事にしてください。

【市町村の委託病院で予防注射を打った場合】
打った病院で予防注射済票が交付されます。市町村窓口での手続きは必要ありません。

【その他の動物病院で打つ場合】
注射済票を交付していないので、動物病院の注射済票を持って市町村窓口での交付手続きを行ってください。

鑑札と注射済票とは

犬を登録すると「鑑札」がもらえます。
狂犬病予防の注射を打つと「注射済票」が交付されます。
鑑札や注射済票は犬の名札になりますので、首輪につけておきましょう。

狂犬病の注射済票などは、ドックカフェやドックランなど公共施設などに入る時に証明として必要な所もあるので、無くさないようにしっかりと持っておきましょう。

もしも、紛失した場合は再交付申請を必ず行うようにしてください。 

登録内容の変更は必ずしましょう

登録内容の変更点があった場合はしっかりと変更届を出しましょう。

・飼い犬の所在地の変更(引っ越し・譲渡など)
・飼い主の住所・氏名に変更があった場合(引っ越し・結婚など)
・登録された犬を譲ってもらった場合(里親・譲渡など)
・飼っている犬が死亡したとき

狂犬病とは

狂犬病とは人にも感染する感染病です。
毎年世界中で約5万人の死者を出していて日本では四類感染症に指定されています。

主に唾液と共にウィルスに感染することが多く人を拭くむ全ての哺乳類に感染するウィルスです。

【症状】
感染初期には風邪に似た症状が見られ、咬まれた場所が完治していても痒みや違和感、熱感などが現れる。
急性期には不安感、恐水症、恐風症、興奮性、麻痺、錯乱状態などの神経症状がみられ最終的には脳神経や全身の筋肉が麻痺を起こし昏睡し呼吸障害によって死亡します。

【予防】
発症後の有効な治療は存在しないもののワクチン接種によって予防が十分可能です。
このワクチン接種が1年に1回の狂犬病のワクチン接種になります。