一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

猫を初めて飼う方へ

今は猫ブームもあり猫を飼いたいという人が増えています。
ですが、猫を飼う前に終生しっかりと最期まで面倒が見れるかもう一度考えてみましょう。

猫は一般的に飼い猫だと10年以上生きると言われています。
人間と同じで、歳をとれば取るほど病気にもなります。
留守番の時間や旅行、部屋に置いてあるものが倒れたりしないようにしたりと色々な事を猫に合わせないといけなくなります。

ですが、その代わり猫との家族としての楽しい時間や幸せを貰えるのも確かです。
しっかりと終生飼えるという覚悟を持って飼わないと、病気をした際にはお金も人間とは違い保健も効かないので高額になります。

そうならない為にも、しっかりと計画性をもって猫の貯金などするようにしていざというときに備えておきましょう。
とは言っても、猫の可愛さや仕草に敵うものはないと思うので、家族として接しましょう。

猫を飼うのに必要なもの

  • トイレとトイレ砂
     今はトイレの臭いが外に出ないようになっているシステムトイレも出ています。
     臭いが気になる方などは、消臭効果や臭いが外に出ないようになっているトイレが
     オススメです。

  • キャットフード

  • 猫用食器
     水のみ用と餌用の2つ用意しましょう。
     深すぎず軽すぎずな陶器性のものだと食べやすいようです。

  • キャリーバック

  • 爪とぎ
     爪とぎを置いておくことで家具への爪とぎを防止できます。

  • 玩具、キャットタワー、首輪、ベット

猫にとって安全な部屋かを考える

【片付けていない物に注意】
猫は何でもじゃれて遊んでしまいます。
片付けずに置いておいたものを誤飲してしまったり怪我をしてしまったり、壊してしまったりする可能性もあります。

誤飲や怪我に繋がりそうなものはしっかりと片付けましょう。

【観葉植物】
観葉植物は毒性のものはないでしょうか?
ユリ、スズラン、シクラメン、ポトスなど花束によく入っている植物は猫にとって毒性のあるものが多々あります。
葉っぱが揺れているとじゃれた猫が食べてしまい中毒を起こしてしまう事もあります。
植物を猫の触れないような場所に持っていくなど注意が必要です。

【窓や網戸は開けてしまう】
猫は網戸や窓は自力で開けれる程に力が強いです。
網戸は突き破って脱走することもあります。

網戸が開かないようにカギをかけたり、窓もカギをかけるなど猫の脱走や事故、怪我などを防ぐためにも注意をしていきましょう。

【お風呂場に注意】
猫はお風呂に入っている飼い主に寄ってくる事も多々あります。
ですが、浴槽にためてあった水に落ちて溺れることもあるので、発見が遅れると死亡してしまうケースもあります。
また、蓋の上に乗って蓋ごと浴槽に落ちる事もありますので、蓋がしてあるからと安心してはいけません。
お風呂場自体、留守の時には入れないようにするなど注意が必要です。

【電気コードに注意】
電気コードなどにじゃれつく猫は意外と多く、感電してしまう恐れがあります。
コードカバーをつけるなど、家具の後ろに通して猫がじゃれられないようにするなど感電の事故を防止できるようにしておきましょう。

【予想外の行動をするのが猫】
人間の常識で、こんなことはしないだろうと思っていても、斜め上の予想外の事をするのが猫です。
それ故にとても可愛い所もあるのですが、やっぱり事故や怪我、誤飲などに繋がる恐れも多く危険です。

「大丈夫だろう」と過信せずに自分の家で飼ってる猫の性格や習性などをしっかりと理解して、注意をしていく事が一番の予防になると言えますよ。

猫と楽しく暮らすためにも、痛い思いや悲しい思いをしない為にも今一度、猫に対して優しいい気持ちで部屋を見渡してみてくださいね。