一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

フクロモモンガの飼い方

フクロモモンガをペットショップで見る事も多くなってきましたね。
可愛いし珍しいので飼ってみたいと思う方も多いと思います。

ですが、このフクロモモンガ。 どうやって飼ってどれくらい生きて、どんな餌を食べるのか…全然、イメージつかない方も多いと思います。
そこで、フクロモモンガの飼い方をまとめてみましたので気になっている方の参考になればと思います!

まず初めにフクロモモンガとは

ハリフクロモモンガはムササビと勘違いされやすいのですが全く異なる動物です。
フクロモモンガは「フクロモモンガ化の哺乳類・で16-21センチ程度で尻尾がとても長いです。
メスはお腹に袋があります。
子供の時から育てるととても人間になつくので可愛らしいです。
1年前後で大人になります。

フクロモモンガはオスとメスとでは大きく違う

フクロモモンガはオスとメスでは大きく違うところが多いのでまとめてみました。

≪オス≫
・大人になると額の毛が薄くなる
・胸の部分などに臭腺がありメスに比べると臭い
・メスが傍にいると頭と胸から分泌物を出す
・少量ずつ、おしっこを壁にこすりつけて移動する
・マーキングする
・おしっこの臭いがハンパなく臭い

≪メス≫
・オスほど臭くない
・大人しく慣れやすい(個体差はあります)

比較的にメスのほうが臭いも少なく飼いやすいと言われていますが、個体差もあるので気に入った子が一番かと思います。

フクロモモンガを飼うのに必要な環境

フクロモモンガは温度がとても大切で最低でも冬場は18-20℃になるように部屋の温度を保ちましょう。
一番適切な温度としては24.25度がフクロモモンガにとって過ごしやすい温度です。
温度が低いとフクロモモンガが赤ちゃんだった場合、体調を崩しやすくなってしまうので注意が必要です。

【ゲージ内には止まり木を】
フクロモモンガをケージ内に入れておくと運動不足になります。
運動不足を解消するためにも止まり木や枝をケージ内に取り付ける事によって運動不足を解消することができます。
小さいものではなく、ケージの底から天井に届くくらいの長さの枝や止まり木を用意するようにしましょう。

フクロモモンガの餌

フクロモモンガは主に果物を食べます。
みかんやリンゴ、ブロッコリーなどの野菜や豆腐、殻付きゆで卵、ヨーグルトやカッテージチーズなどを食べます。

ペットショップにフクロモモンガフードが売っているのでそれらをあげても大丈夫です。

【フクロモモンガが食べても良い食べ物】
・小動物用ミルク

・甘い果実
(ブルーベリー、バナナ、ブドウ、キウイ、イチゴ、オレンジ、リンゴ、みかん、柿、スイカ、メロン、グレープフルーツ、さくらんぼ、プラムなど)
※果実の種には中毒を起こす成分が含まれている場合がありますので種はあげないでください

・野菜
(小松菜、チンゲン菜、キャベツ、にんじん、さつまいも(加熱済みのもの)、ミルワーム、生コウロギ、小動物用ペレット、ドックフード、にぼし、昆虫ゼリー、小動物用ゼリー、くるみ など)

フクロモモンガは煮干しが大好きなので、小動物用の煮干しなどをあげると喜びますよ


【フクロモモンガにあげてはいけない食べ物】
・スイセン
・チューリップ
・アジサイ
・スズラン
・アサガオ
・ニラ
・玉ねぎ
・ネギ
・ジャガイモの芽

有毒なものも多数あるので、毒性の強い植物などは置いておかないようにしましょう。