一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

いざという時慌てない為の「ペットの防災知識と準備」

震災はいつくるか分かりません。
そんな時に、自分の大切な愛犬や愛猫を連れていける準備がないと逃げ遅れてしまいます。
また、ペットを連れて行っても避難場所に迷惑がかかるのでは…と思われている方も多いと思います。

ですが、今はペットと一緒に行ける避難場所やペットの防災グッズなどもあるので紹介していきたいと思います。

地域によっては若干の異なる事もあると思いますので、気になる方はお住まいの自治体のほうにお問い合わせをして頂き震災時に慌てず冷静にペットと一緒に避難できるようにしていきましょう。

ペットの防災グッズ

人間の緊急避難時と同じで避難する時にペット用の必要なものをまとめておくだけで、いざという時に慌てる事なく避難する事が出来ます。
避難が必要な時は時間との勝負ですので、「備えあれば憂いなし」とも言います
しっかりと準備しましょう。

【いざという時の為のペットの防災グッズを用意しておく】

・迷子札や鑑札、連絡先が記されている首輪
(常日頃からしていると◎)

・リード
(予備もあると安心です)

・水と水飲み用のお皿
(ペットボトル数本とお皿を準備しておくと◎)

・フードの買い置き
(重いと運べないので1週間前後くらいのフード量があると◎)

・キャリーバック、クレート
(中に敷くタオルや玩具、飼い主の匂いのついているものなどペットが安心できるものを入れておくと安心します)

・トイレシーツ、ピックパック、マーキングガードなど

・靴、ハンカチ、ガムテープなどのペットの足を守れるもの
(瓦礫等の上を歩く可能性がある)

・タオル
(複数枚あると◎ 体を拭くだけではなく怪我をした時や防寒などにも使えるのでペットのサイズに合わせたものを持っていきましょう)

・薬などの救急セット
(怪我や消毒、包帯の他にも持病のある子には薬を持っていけるようにしておきましょう)

災害時に起こりえる事

災害時にはペットを抱っこをして走れない場合のほうが多いと言えます。

その際に愛犬などが瓦礫の上やガラスの上を走らなくてはならず思わぬ怪我をしてしまう事も大いにあり得ます。 また、災害時に動物病院などが機能しているとは限りません。

飼い主がペットの応急処置等をしてあげなくてはならない場合、しっかりとした知識を持っているだけで慌てる事なくスムーズに応急処置が施せます。

また、ハンカチを何重にも重ねて折り、ガムテープなどで巻き肉球を守ったり毛布やタオルで防寒対策をしっかりしてあげる事が大切です。
持病の薬などは持っていかなければ災害とは別の意味で命にかかわる子も出てきてしまいます。

いざという時に、薬を探して持っていくだけの余裕があるとは限りません。
予備の薬などを用意してペット用の防災グッズの中に入れておくようにしましょう。

主な応急処置の仕方

主な怪我と応急処置の仕方

【骨折の場合】
ペットが骨折している場合は「とにかく動かさないこと」です。
触ってしまったりすると痛がって暴れてしまいます。

あまり暴れない子であれば、添え木だけして獣医に見せられるようにしていきましょう。

ただ、動いたり痛みでパニックになっている子には添え木などはせずに体を暴れないように保定するようにしましょう。

【切り傷の場合】
ペットの体に出血や切り傷が見られる時は傷口を水で洗いガーゼやタオルで押さえて圧迫してまずは止血をしましょう。

血が止まったのを確認したら、ペットが傷口を舐めたり掻きむしらないように包帯などで固定をします。

【火傷をした場合】
災害で火が出たりして火傷をしてしまった場合痛みの為興奮している事が多いです。
ペット自体をバスタオル等でくるんで暴れないようにしてください。
患部はタオルなどを当てて冷水をかけて熱がなくなるまで冷やします。

化学薬品で火傷した際は毛についている薬品を洗い流し、もしも落ちなかった場合は毛を切ります。

軟膏などは勝手な判断で塗ったりしないようにしましょう。

災害時の避難場所「ペット同行避難所」「ペット同伴避難所」の違い

災害時、ペットと一緒に避難を推奨するシステムがあるのをご存知でしょうか?

環境省が出しているこの避難勧告ですが、少々認識の誤解が多く避難所に行ったのにペットと離れ離れになったり避難所に入れなかったというトラブルが次々と起こってしまいました。

その原因は認識違いによるものだったのです。

ただでさえ、情報が錯綜している災害時。
きちんと正しい知識を持っておくようにしたいですね。

そこで、理解して頂きたいのが【同行避難】と【同伴避難】の違いです

【同行避難】とはペットと一緒に避難所に行くことはできるが居住スペースは分けられていて一緒に過ごすことはできない。

【同伴避難】とは避難所の中でも人間とペットが一緒に過ごせる事ができるスペースがあります。ペットと一緒に居たい場合は同伴避難と書かれた避難所へ行きましょう。

住んでいる自治体によっては場所も数も変わってきます。

また、災害時にはペットよりも優先させなければならない事が沢山あるため、どうしても同伴避難所だったものが変わってしまうという状況もあり得るかもしれません。

ライフラインの復旧など優先されるべきことや過度なストレスがかかる状況です。

よく自治体の避難場所を確認して頂きペットも飼い主もより安全で負担のないように、いざという時には慌てないように備えていきましょう。