一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

犬の病気 症状一覧

ペットのいつもと様子が違う…「これって病気?」
症状から見る犬の病気一覧を作りました。
症状や病気は全ての病気を確定付けるものではありません。
軽率に判断せず、早めに獣医にかかるようにしていきましょう。

くしゃみ・鼻水

●犬のクリプトコッカス症
 クリプトコッカスという真菌(カビ)に感染して起こります。
 免疫力が下がっているとかかりやすいのですが、人間にも感染するため注意が必要です。
 肺炎を起こして呼吸困難や眼の中枢神経へ感染すると失明や痙攣、麻痺などを引き起こす  可能性もあるので、すぐに治療をしてください。

【症状】
 くしゃみや鼻水の他に鼻に潰瘍が出来て腫れる。

【治療法】
 獣医にて抗生剤を処方してもらいましょう。
 他にも症状が出てしまっていた場合は、そちらも投薬治療などで完治を目指します。


●犬ジステンパーウィルス感染症
 有名な病気の1つで犬ジステンパーウィルスに感染して発症します。
 ワクチン未接種の子犬やろう犬など免疫力や体力のない犬がかかりやすい病気です。

【症状】
 目やにや鼻水、40℃前後の高熱、食欲不振、咳やくしゃみ、嘔吐、下痢
 また、二次感染によって肺炎、脳脊髄炎、麻痺、痙攣、運動失調などの神経症状を併発する  恐れがあります。

【治療法】
 ワクチン等がないのが現状で、点滴や抗生剤、抗けいれん剤の投与などの対症療法が
 中心になります。

【原因と予防】
 犬ジステンパーはワクチン接種で防ぐことができます。
 なので、ワクチンをきちんと子犬のうちから摂取させる事で病気にかかることを予防する  ことが十分可能です。

 犬ジステンパーは感染している犬の目やにや鼻水などに接触したり感染した犬のくしゃみ  などでウィルスを吸い込む事で感染します。

 相手の犬が感染しているかどうか分からない以上、ワクチン接種をしっかりして
 愛犬を守りましょう。


●犬伝染性肝炎
 犬伝染性肝炎とは、犬アデノウィルス1型(CAV-1)に感染し肝臓が炎症を誘発します。
 主に嘔吐、発熱、下痢などの症状がでます。
 重度の場合、肝臓の機能不全や肝性脳症や低血糖から無気力、虚脱、混迷、昏睡
 痙攣発作、出血傾向などが見られます。
 子犬が感染した場合は死亡するケースも多く他のウィルスなどの混合感染や合併症から
 致死率は非常に高くなるので注意が必要です。

【治療法】
 ワクチンなどはなく、感染によって弱った肝臓の細胞が再生されるまで点滴や輸血、
 食事療法などを行います。
 この犬伝染性肝炎は犬ジステンパー感染症と同じで、子犬の時期のワクチン接種で
 十分防げる病気です。

しきりに耳をかく

●耳ダニ感染症
 犬の耳ダニ感染症は犬の耳の中でミミヒゼンダニが寄生し繁殖して激しいかゆみを
 引き起こします。
 耳の穴の中に黒いワックス状の耳垢が溜まる他耳を激しく痒がり、頭を振ったりします。
 また寄生虫は外耳炎の原因の1つにもなります。

【症状】
  ひどい痒み、ワックス状の耳垢が溜まる
【治療法】
 耳道内を洗浄して耳垢を除去するとともに殺ダニ作用のある薬剤を投与します。


●犬の外耳炎
 外耳炎は真菌や細菌、寄生虫など原因は様々です。
 ミニチュア・ダックス・ゴールデンレトリーバーなどに見られます。

【症状】
 べどべとして臭いのある耳垢がたまりかゆみや痛みを伴います。

【治療法】
 耳の洗浄と抗生剤や抗真菌剤を用いて治療します。
 再発しやすい病気ですので、一度愛犬がなってしまった場合は注意して再発予防を
 怠らないようにしましょう。

尿の色がおかしい

●犬の膀胱結石
 膀胱結石は膀胱に石が出来る病気で一般的によく見られるものです。
 膀胱結石ができると結石によって膀胱が傷つきピンクや鮮血色、赤色の尿が出ます。
 また、膀胱炎や結石の為尿が出にくくなり尿の量が減ったり臭いがきつくなります。

 膀胱結石の多くは、体質でありそこに様々な原因で起ります。

【治療法】
 膀胱結石の大きさにより投薬治療か開腹手術かのどちらかになります。
 結石ができやすい体質なのであれば、処方食で十分防ぐ事も可能です。


●犬の膀胱炎
 膀胱炎は、細菌感染、寄生虫、真菌の感染、腫瘍などでが原因で炎症がおきます。
 最もポピュラーな病気でメスのほうが発症しやすいです。

【症状】
 尿の色が濁った色やピンク色の血尿が出ます。
 また、トイレには行っても尿の量が少なく尿が出づらい食欲不振などが現れます。
 一般的にオスよりも尿道が太く短いメスに発症しやすい傾向があります。

【治療法】
 膀胱炎の治療は原因の細菌に効果のある抗生剤を投与します。
 膀胱炎は再発しやすいため、治療はしっかりとしていかなければなりません。
 再発予防として、飼育環境の清潔を心がけ日々の排尿回数や様子をしっかりと見ていれば
 予防は十分できます。

しっぽを追うような動きをする

●肛門嚢炎
 肛門嚢炎(こうもんのうえん)とは細菌感染や肛門嚢開口部の閉塞などによって
 肛門嚢に炎症が起こりることを指します。
 お尻の痒みで床にしっぽをこすりつけたり、お尻を舐める、しっぽを追いかけるなどの
 動作をします。

 悪化すると肛門嚢が破れて膿や血が混じった体液が出てきます。

【治療法】
 肛門嚢を絞り分泌物を排出させた後、消毒液や抗生剤などを使用し患部を洗浄します。
 シャンプーや気付いた時に肛門嚢を絞る事で予防ができます。