一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 じゅげむ

じゅげむのあらすじと解説


≪じゅげむ≫
ある所に子供に恵まれない夫婦の元に元気な男の子が生まれました。
その子供に元気で長生きするようにと偉いお坊さんに名前をつけてもらいました。
そのお坊さんがつけてくれた名前がとても長かったという話と、縁起のいい話を紹介されて全て繋げたら長い名前になったという、いくつかのパターンがあります。
ですが、名前はどれも共通して同じです。

「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの ちょうきゅうめいのちょうすけ」


これを漢字などに直すと

寿限無、寿限無
五劫の擦り切れ
海砂利水魚の
水行末 雲来末 風来末
食う寝る処に住む処
藪ら柑子の藪柑子
パイポ パイポ パイポのシューリンガン
シューリンガンのグーリンダイ
グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの
長久命の長助


【解説】

≪じゅげむ≫…限り無い長寿

≪五劫の擦り切れ≫ …本来は「五劫の摺り切れず」が正しいのですが、言い回しのために「ず」が省略されてしまうことがあるらしい。

天女が時折泉で水浴びをする際、その泉の岩の表面が微かに擦り減り、それを繰り返して無くなってしまうまでが一劫とされ、その期間はおよそ40億年。それが5回擦り切れる、つまり永久に近いほど長い時間のこと。
別の落語では、天女が三千年に一回、須弥山に下りてきて羽衣で一振りして、須弥山がなくなるまでが一劫である。

≪海砂利水魚≫…海の砂利や水中の魚のように数限りないたとえ

≪水行末雲来末風来末≫…水・雲・風の来し方行く末には果てがないことのたとえ
≪食う寝る処に住む処≫ …衣食住のの食・住より。これらに困らずに生きて行ける事を祈ったもの

≪藪ら柑子の藪柑子≫…やぶらこうじのぶらこうじ、とも。「やぶらこうじ」とは藪柑子(やぶこうじ)で生命力豊かな縁起物の木の名称

≪パイポ、シューリンガン、グーリンダイ、ポンポコピー、ポンポコナー≫…唐土のパイポ王国の歴代の王様の名前でいずれも長生きしたという架空の話から。グーリンダイはシューリンガンのお妃様で、あとの2名が子供(娘)達という説もあります。

≪長久命≫…文字通り長く久しい命。また、「天地長久」という読んでも書いてもめでたい言葉が経文に登場するので、そこからとったとする説も

≪長助≫…長く助けるの意味合いを持つ