一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 時そば

時そばのあらすじ

ある冬の深夜0時頃、小腹がすいた男が通りすがりの屋台の蕎麦屋を呼びとめる。
そこで、ちくわ入りの蕎麦を頼み看板や箸、器や汁などひたすら褒める。

食べ終わった男は「おい、親父。生憎と、細けえ銭っきゃ持ってねえんだ。落としちゃいけねえ、手え出してくれ」と言って、主人の掌に一文銭を一枚一枚数えながら、テンポ良く乗せていく。

「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」と数えたところで、「今何時(なんどき)でい!」と時刻を尋ねる。
主人が「へい、九(ここの)つでい」と応えると間髪入れずに「十(とう)、十一、十二、
十三、十四、十五、十六、御馳走様」と続けて16文を数え上げ、すぐさま店を去る。


つまり、代金の一文をごまかしたのである。

この一部始終を見ていた男がいた。
その男が蕎麦の勘定を誤魔化した手口を関心し翌日真似をする。
しかし、上手くいかず最終的には勘定は余計に取られるというオチ

解説

本編に入る前の枕の部分で、江戸時代のそばについてあらかじめ解説しておく場合が多い。

そばを食べる場面において麺を勢い良くすする音を実際と同じように表現することが本作の醍醐味であり、一番の見せ場であるとよく言われる。
更には、「そばをすする音とうどんをすする音には、確実に差異があるともされる。
それをリアルに表現するのが当然で、何より落語の醍醐味」と堂々と主張する者までいる。

しかし5代目古今亭志ん生は本作を、何としても勘定をごまかしたい男を描いた物語と位置付けている。

志ん生の理論に従えば、麺をすする音のリアルな表現は所詮は瑣末な事で、巧妙に勘定をごまかす男とそれを真似する間抜けを描くのが本作の真髄であり醍醐味としている。