一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 井戸の茶碗

井戸の茶碗のあらすじと解説

≪主な登場人物≫
・千代田ト斎( ちよだぼくさい)―裏長屋に住む浪人で美しい娘がいる
・高木佐久左衛門(たかぎさくざえもん)― 細川家家臣で江戸勤番の若い武士
・くず屋の清兵衛(せいべい)―正直清兵衛と言われた正直者

≪出てくる用語≫
・屑屋―江戸時代のリサイクル業者
・売りト―占い師のこと
・中間(ちゅうげん)―ここでは一時限りの奉公人の説が有力
・勤番(きんばん)―江戸屋敷に勤め人のこと

≪あらすじ≫
屑屋(江戸のリサイクル業者)の正直者清兵衛が流しで歩いていると着物は粗末ですが器量のよい上品な娘に声をかけられます。
招かれた清兵衛は裏長屋へ行くと娘の父親である千代田卜斎から屑の他に仏像を200文で引き取ってもらえないかと頼まれます。

目利きに自信のない清兵衛は断ります。
ですが、薬代等でお金がいるので引き取ってほしいと切願され清兵衛は200文で引き取り200文以上で売れた場合は、その儲けの半分を持ってくるという約束をして引き取ることにしました。

そして、いつものように清兵衛は仏像を籠に入れて流しで歩いていると細川屋敷の長屋下を通りかかったところで若い勤番の高木佐久左衛門に声を掛けられます。

「カラカラと音がするから腹籠り(ごもり)の仏像だ。縁起がいい」

といい仏像を300文で買い上げます。

その仏像を高木佐久左衛門が一生懸命磨いていると台座の下の紙が破れて中から50両もの小判が出てきました。
それを見ていた中間が「縁起がいい」と喜びます。

ですが、高木佐久左衛門は
「仏像は買ったが中の50両まで買った覚えはない。仏像を売るくらいであるから、暮らし向きも切迫しておられよう。元の持ち主に返したい」
と言います。

しかし、高木佐久左衛門は仏像の持ち主を知りません。
そのため、その仏像を買った屑屋を探すために翌日かあ長屋下を通る屑屋の顔を見ていきます。

その事があり屑屋の仲間内で高木佐久左衛門が屑屋を探していると話題になります。
そこに清兵衛が現れて仏像を売った話を仲間にします。

すると仲間は清兵衛に「仏像を磨いていたら首が折れてしまった。縁起でもない、これを身共に売った屑屋も同じ目に遭わせてやる。」と、おまえを捜して居るんじゃないかと脅されてしまいます。

清兵衛は気を付けていたものの 高木佐久左衛門に捕まってしまう。
怯えていた清兵衛でしたが事情を知り千代田卜斎のところへ50両を持って行きます。

ですが、千代田卜斎は「仏像を売ってしまったのだから中から何が出てきても私のものではない」と言い受け取りません。

清兵衛が「この50両あれば娘さんにもっといい着物を着せることもできる」と言いますが刀に変えても受け取らないと返されてしまいます。

困った清兵衛をみて裏長屋の家主が仲介役にはいり
「千代田卜斎に20両、高木佐久左衛門に20両、苦労した清兵衛に10両でどうだろうか」と提案するも千代田卜斎はこれを受け取りません。

では…と「20両の形に何か高木様へとお渡ししたらどうか」という提案を受け、毎日つかっていた汚い茶碗を形として20両を受け取りました。

この美談が 高木佐久左衛門の使えていた細川家で話題になり細川様本人に目通りを許された。
細川様が高木佐久左衛門に「茶碗を見てみたい」と言い、汚いままでは良くないと思った高木佐久左衛門は一生懸命磨きました。

磨いた茶碗を細川様に差し出すと、側に使えていた目利きが「青井戸の茶碗」という逸品だと鑑定しました。
細川様はその青井戸の茶碗を300両で買い上げました。

高木佐久左衛門は300両を前にして、貰うべきではないお金だと困ります。
「このまま千代田様へと返しても絶対に受け取らないであろうから半分の150両を届けてほしい」と清兵衛に頼みます。

一度は断るものの、しぶしぶ清兵衛は千代田卜斎に150両を持っていきます。

ですが、やはり千代田卜斎は受け取りません。

困り果てる清兵衛を見て千代田卜斎は
「今までのいきさつで高木様がどのような方かはよく分かっておる。...娘は貧しくとも女一通りの事は仕込んである。この娘を嫁にめとって下さるのであれば、支度金として受け取る」と言います。

清兵衛は高木の元へ帰り経緯を伝えると、千代田氏の娘であればまずまちがいはないだろうと、嫁にもらうことを決めます。

そこで清兵衛が、「今は裏長屋で粗末ななりをしているが、こちらへ連れてきて一生懸命磨けば、見違えるようにおなりですよ」

「いや、磨くのはよそう、また小判が出るといけない」

≪解説≫

大きな解説はありませんが、5代目古今亭志ん生の井戸の茶碗が名演中の名演と言われています。

また、どうして「井戸の茶碗」と呼んだのかは井戸若狭守が朝鮮から持ち帰ったなどの諸説があります。