一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 死神

死神のあらすじと解説

≪あらすじ≫
何かにつけてお金に縁がなく子供に名前をつける費用すらない主人公がふと
「俺についているのは貧乏神じゃなくて死神だ」
というと、本物の死神が現れてしまう。
驚く男に死神は

「お前に死神の姿が見えるようになる呪いをかけてやる。もしも、死神が枕元に座っていたらそいつは駄目だ。反対に足元に座っていたら助かるから呪文を唱えて追い払え」

と言い医者になるようにアドバイスをして消えました。

そして、その男はある良家の跡取りの娘の病を呪文で治した事で医者として名をはせます。
男は富豪となりましたが「悪銭身に付かず」で貧乏に逆戻り。

その上、病人を見ればいつみても死神は枕元にいるという始末。
困っているとさる大店から、御隠居の治療を頼まれます。
行ってみると、死神は枕元にいますが、三千両という現金に目がくらんだ男は死神が居眠りしている間に布団を半回転させ、死神を足元にします。

そして、呪文を唱えて死神を叩きだしてしまうのです。

大金をもらい大喜びで帰路につく男は途中で死神に捕まってしまいます。
大量のろうそくが揺らめく洞窟へと案内され、死神に男は問いただすと人間の寿命だと聞かされます。

男は死神に「俺の寿命は?」と問うと死神は今にも消えそうな蝋燭を指さしました。

死神は言います。「お前は金に目がくらみ自分の寿命を隠居に売り渡したんだ」

蝋燭が消えれば、その人は死にます。
パニックになった男は死神から渡された寿命に継足そうとしますが

「あぁ…消える…」

≪解説≫
この死神は古典落語の演目の一つです。
幕末期から明治期にかけて活躍して多数の落語を創作した三遊亭圓朝(初代)がグリム童話の死神の名付け親を翻案したものである。
類話として、イタリアの歌劇「クリスピーノと死神」があります。

死神のサゲは、最期の「あぁ…消える…」と呟いた後に演者が高座にひっくり返る事で男の死を表現しています。

このサゲですがいくつか演者によってバリエーションがあります。
高座から起き上がり「おめでとうございます!」と蝋燭の継足しに成功し生き残るサゲもあります。

正月や客層など縁起の絡む高座にかけるために三遊亭圓遊が改作しました。
また、この場合は「誉れの幇間」とも呼ばれます。

他にも、成功して死ぬパターンや失敗するけど生きているパターンなど様々なものがあります。

≪成功したけれど結局死んでしまうサゲ≫
・まず、主人公が風邪気味になるという伏線が張られる。死神が登場し「お前はその風邪が原因で死ぬ」との言葉があり、ろうそくの継ぎ足しの話となる。
いったんは成功するが、喜悦満面となったところでくしゃみ、ロウソクは消え、無言のまま演者が舞台で倒れこむ

  • つぎ足した後に気が抜け、思わず出したため息で消す。

    ・つぎ足したロウソクを持ってその明かりで洞窟を戻り、その後死神が「もう明るいところだから消したらどうだ」と言われて自分で消して死ぬ

    ≪他のサゲ≫
    ・死んだ男が死神となり、また別の男に対し自分に儲け話を持ってきた死神と同じように儲け話を持っていくという、エンドレスな展開を予想させるオチ(回りオチ)も存在します。

    この死神も現代でも知っている方も多く愛され続けている噺の一つになります。