一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能の演者

【能の演者について】

能は舞台上で大きく分けて、登場人物を演じる「シテ方・ワキ方・狂言方・囃子方」という4つのパートに分かれてます。
それぞれ4つのパートの能楽師たちが役割を専門に演じる事で1つの能が上演されるようになっています。

シテ方

シテ方には5つの役割があり、その中の1つをその都度分担していきます。

【シテ】
主役。1つの能に1役だけで演技をする人、役者という意味がある

【ツレ】
主にシテの同伴者で、重要な役の場合は区別にシテと同格扱いをされ「両シテ」とされることもある

【子方】
子役のことですが、必ずしも子供の役だけではなく本来は大人である役を演じたりする能独自の演出になります

【地謡】
斎唱を担当する役で情景を描写したり登場人物の心情を代弁します。
6~10人編成で後列中央に座る「地頭」がリードします。

【後見】
演能中に舞台後方に座り不測の事態に備えて舞台進行を見守る役
シテの装束を整えたり、時にはシテの代役も勤める

ワキ方

主役を演じるシテ方の相手役のことで、絶対にお面を付けません。
ワキ方には、宝生流、福王流、高安流の3流派があります。

【シテ方の相手役】
最初に登場し、場所・季節・状況など全体の雰囲気を作り上げ、観客を物語の世界に誘います。 主役のシテが登場すると、シテの演技を引き立てていく。

【シテ方の対向者】
シテと対等に物語を展開する役で、鬼神を退治する武士、悪霊を祈り伏せる僧やシテがが探し求める役などさまざまなものがある

囃子方

楽器を演奏する人を囃子方と言います。
囃子方には、笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方の4つのパートがあり、それぞれが自分の楽器を専門に演奏します。

演能では、笛方1人、小鼓方1人、大鼓方1人、太鼓方1人の4人編成で、能の演目によっては太鼓方が入らない場合があります。
主にシテ、ワキ、地謡が謡う時やシテやワキが登場する際、舞を舞う時に演奏します。

【囃子方の流派】
笛方…一噌流・藤田流・森田流
小鼓方…大倉流・観世流・幸流・幸清流
大鼓方…石井流・大倉流・葛野流・観世流・高安流
太鼓方…観世流・金春流

狂言方

多くの能は前半と後半に場面が分かれています。
その間をつなぐのが狂言方の仕事で、間(アイ)狂言といわれ、能とは別に独立した劇としての「狂言」を演じます。
大蔵流、和泉流の二流派があります。

【間狂言】
能の登場人物として
(1)能の前場面と後場面をつなぐ役
(2)能の最初に登場し、開演の糸口を与える役
(3)シテやワキなどと関わり物語の展開に加わる役など


【狂言】
独立した劇としての「狂言」を演じる役
狂言とは、南北朝時代に成立した中世的庶民劇で、日常的な出来事を笑いを通して表現するセリフ劇。
演目は、200以上あり、物語や登場人物は多岐にわたります。