一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能 シテ方の5つの流派


シテ方には5つの流派がある

シテ方には観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流の5流派があり、能の演目、謡の言葉、謡の節、所作、演出、装束などに違いがあります。

【観世流】

流祖は室町初期に奈良で栄えた大和猿楽の観阿弥になります。
その子世阿弥は演者、作者、理論家として多大な功績を残しています。
この父子によって能は大成され、江戸時代にはシテ方筆頭の地位を与えられ、現在もシテ方の最多数が所属する。
優美で繊細な芸風をもつ流派です。

【宝生流】

流祖は観阿弥の長兄、宝生大夫で室町末期には小田原の北条氏に保護されました。
江戸時代には5代将軍綱吉11代将軍家斉に愛好され、古くから観世流と縁戚関係にあり、芸風も近いです。
東京や北陸に基盤があり華麗な謡を重視した重厚な芸風が特徴です。

【金春流】

5流の中で最も古い家柄で 東京や奈良を本拠地とし、興福寺や春日大社との関わりも深く世阿弥の娘婿、金春禅竹は能作者、理論家として活躍しています。
桃山時代には豊臣秀吉に後援されました。
古風な様式を残したのびやかな所作や拍子にこだわらない自在な謡が特徴です。

【金剛流】

古くから法隆寺に属した坂戸座が源流とされ、能「土蜘蛛」の千筋の糸を創案した金剛唯一などの人物を輩出しています。
昭和11年に宗家が途絶えましたが、弟子家の野村金剛家が宗家を継承し、京都や東京を中心に活躍。写実性と舞金剛と言われる豪快な舞に特徴があります。

【喜多流】

流祖の北七大夫長能は金剛座の役者でありましたが、徳川秀忠の強力な後援を得て独立し
室町時代から続く従来の4流派に加え新たに喜多流創設を認められました。
地方大名に支援され、芸風は武士道的精神主義が強く素朴かつ豪放な気迫に満ちています。