一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能装束の意味と解説

≪能装束≫




能で使われる衣装を「能装束」と言います。
能の美しさを象徴するものですが、初期の能装束は質素でした。
室町時代末期から、徐々に絢爛豪華なものになり能が武家の式楽となった江戸時代に形式が定まり様式美も完成しました。

≪能装束の種類≫

装束は着付け類、上着類、袴類に分けられます。
演者は一番下に肌着をつけ次に着付け、袴(着けない場合もある)、上着の順番で着ていきます。

≪着付け類≫
摺箔(すりはく)…無地の小袖に金や銀の箔で模様をつけたもの
縫箔(ぬいはく)…刺繍と箔で模様をつけた小袖
厚板(あついた)…地厚の織物で、力強い模様が施されています

≪上着類≫
唐織(からおり)…様々な色糸で模様が織り出されている小袖型の装束
長絹(ちょうけん)…袖が広く、胸と袖部分に組紐がつけられている
水衣(みずごろも)…生地の薄い広袖の装束で能独自のもの

≪袴類≫
大口(おおくち)…しっかりとした生地で作られた両横に広がった袴
半切(はんぎり)…大口に似た袴で華麗な模様が施されている
指貫(さしぬき)…裾に通してある紐を膝の下で閉めて袋状にする袴

≪装束の着装法≫

能の扮装は面を中心に考えられ、次に装束が、曲目・色・図柄・役者の意図などによって組み合わされます。
様々な種類の装束をいろいろな着方で違いを出していきます。

着流し(きながし…女性役の代表的な扮装で、袴を付けずに唐織などを着る方法
腰巻き(こしまき)…小袖の上半身部分を袖を通さずに腰に巻き付ける方法
肩脱ぎ(かたぬぎ)…長絹などの右袖を脱いで後に巻き込む方法