一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能の種類

≪能の現行曲は240曲程ある≫

能の現行曲(今日演目と認められているもの)は、240曲ほどです。
江戸時代に徳川幕府の式楽となり、公的な催しの演奏が“翁付五番立(おきなつきごばんだて)”と決定されてから、現在でも五番立ての分類法が用いられています。
詳しい分け方としては不十分ですが現在でも重宝されているのです。

※現在、一日のプログラムを五番立てで編成することはほとんどありません。

≪初番目物(しょばんめもの)≫

神が登場して、世の中が良く治まっていることを祝福したり、社寺の縁起を語る内容の能です。

「脇能」とも呼ばれ、結婚式で謳われる「高砂」や男神や老神が舞を舞う「養老」「弓八幡」「老松」荒々しい神や龍神が舞働【勢いよく勇壮に立ち働くこと】を舞う「賀茂」「竹生島」などがあり、これらの演目を淀みなく清々しく演じることを大切にしています。

≪二番目物≫

「修羅物」「修羅能」とも呼ばれています。
平家物語の登場人物の霊が阿多割れて自分の最期の場面や死後の苦しみを見せる能になっています。

武士は殺生を繰り返した罪で死後は戦いに明け暮れる「修羅道」へ堕ち苦しみ続けると信じられてきました。
『敦盛』『清経』『忠度』『頼政』『実盛』など、世阿弥の名作が多いジャンルでもあります。
平家の公達(きんだち)の霊をシテとする「負け修羅」に対し、源義がシテの『八島』、坂上田村麻呂がシテの『田村』、梶原景季をシテとする『箙(えびら)』の3曲を「勝ち修羅」と呼ぶことがあります。
また、『巴』のように女性をシテとする曲もあります。

≪三番目物≫

優雅で美しい歌や舞を見せ場としている能です。
能を代表する名曲が多く、女性がシテとなっている曲が中心なので「鬘物(かつらもの・かづらもの)」とも呼ばれています。

古典文学に登場する優美な女性の霊をシテとする『松風』『井筒』『江口』『野宮』『定家』、草花の精をシテとする『西行桜』『遊行柳』『杜若』、天人をシテとする『羽衣』、現実の美女やそのなれの果ての老女などが登場する『熊野』『千手』『関寺小町』などが代表的です。

その他、貴人の男性がシテの『小塩』『雲林院』などもここに分類されています

≪四番目物≫

「雑物」「雑能」とも呼ばれ、他の4つのグループに入らない作品は皆ここに分類されています。

『三輪』『龍田』のように「神楽」を舞う女神の能、『三井寺』『隅田川』『班女』『花筐』など、親子や男女の別離と再会を描く物狂能、劇中のシテの芸能を見せ場とする『自然居士』、嫉妬や怒りで鬼となった女性を描く『葵上』『道成寺』などがあります。

他にも、地獄に堕ちた男女が登場する『善知鳥』『求塚』『通小町』のような能、中国の題材を扱った『邯鄲』『天鼓』、現実の男性をシテとする『安宅』『鉢木』『俊寛』など、多種多様です。

≪五番目物≫

主に人間以外の異類が登場する能です。
「切能」とも呼ばれ、1日の最後に演じられることの多かった能のグループになります。

鬼や畜類の霊が出る『殺生石』『鵺』、怨霊をシテとする『船弁慶』、天狗や妖精の登場する『鞍馬天狗』『猩々』、『土蜘蛛』『紅葉狩』のような鬼退治の能、男性貴族などの霊が登場して舞を舞う『融』『絃上』[観世流は『玄象』]』など、それに『海人』『当麻』といった菩薩の能も、ここに入ります。