一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能の音楽

≪謡(うたい)≫


謡(うたい)とは能の声楽のことで、登場人物役、斉唱役が担当します。
能の詞章にはセリフの部分と謡う部分があり、セリフ部分は特定の抑揚をつけて謡われます。
一方、謡の部分には節がつけられていて優美に謡う「ヨワ吟」と勇壮に謡う「ツヨ吟」に分けられれています。

≪囃子≫

楽器は笛、小鼓、大鼓、太鼓の4種類があり、それぞれに専門の演奏者がいます。
演奏形態は基本的に4人編成ですが、演目によっては太鼓が入らない3人編成になります。

囃子方には指揮者はいません。
主役を演じるシテの意向や、他の囃子方の演奏のやり方を感じ取りながら、各自のパートを演奏して全体の調和を作り上げます。
また、一定の約束ごとに従って掛け声でもタイミングを取り合ったりします。

≪笛≫

能管とも言います
竹に細く切った薄い桜の木の皮を巻き、漆で塗り固めてあり、吹き穴が1つ、指穴が7つの横笛で能の楽器の中で唯一メロディーを奏でる楽器です

≪小鼓≫

小鼓とは桜の胴を馬皮で挟み麻紐で絞めてあります
左手で持ち、右肩に担いで右手で打ち左手で紐を調節して音色に変化を出します
皮が温度と湿度にとても敏感で、柔らかい音がでるのが特徴です

≪大鼓≫

左手で持ち左膝にのせ、右手で打ちます
構造は小鼓と同じですが、小鼓よりも大きく演奏前に皮を焙って乾燥させ、固く絞めあげるので力強く高い音がでます

≪太鼓≫

欅(ケヤキ)の胴を牛皮で挟み麻紐で絞め専用の台にのせ、2本の撥(ばち)で打ちます
鬼や精霊など超人間的な役の描写の際に使われるのと、賑やかで華やかな効果と静寂な雰囲気を出す2つの効果があります

≪狂言の音楽≫

台詞劇である狂言にも囃子が入る曲が多数あります
楽器は変則的なものもありますが主に能と同じく笛・小鼓・大鼓・太鼓になります

能と違ったやわらかい演奏で、一般的には狂言アシライといって狂言の歌謡的・動的・祝言的な部分に彩りをそえる役目をしています

通常正面をむいて演奏する囃子方も、アシライの場合は横向きで演奏します。

歌謡

狂言は「歌舞」の要素も多い芸能で謡・囃子物・小謡(こうた)・小舞(こまい)などがあります

囃子物

狂言謡の一種で特殊なリズムをもったツヨ吟(強い息づかいによる歌唱法)のもの
歌詞は曲中の人物が即興的に思いついた形の物で、舞踊的な動きも伴っています

能の謡からきたものと狂言固有のものとがあり、種類は能より多くあります

小謡

人物が謡いながら登場したり、酌をするときなどに謡う短い謡のこと

小舞

「棒縛り(ぼうしばり)」などの曲中に出てくる小舞もありますが、もとは独立したもので古くは室町歌謡として当時の風俗を歌ったもにになります
能の仕舞に対するもので狂言固有の歌謡と、能の仕舞の部分を狂言風に取り入れたものがあります