一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

文楽 三業とは


文楽とは人形浄瑠璃を指す言葉

現在、文楽といえば一般に日本の伝統芸能である人形劇の人形浄瑠璃を指す代名詞でもあります。

文楽座の始まりは、淡路仮屋の初世植村文楽軒が「西の浜の高津新地の席」という演芸小屋を大坂高津橋南詰に建てて興行したのが始まりと言われています。
1955年に文楽が文化財保護法に基づ重要無形文化財に指定されることになりました。

三業

文楽とは男性によって演じられます。
太夫、三味線、人形遣いの「三業」で成り立っていて、まさに三位一体の芸術になっています。
客席の上手側に張り出した演奏用の場所を「床」と呼び、回転式の盆にのって表れた太夫と三味線弾きが浄瑠璃を演奏します。

人形の事を「手摺(てすり)」と呼びますが、これは人形遣いの腰から下が隠れる板の事を手摺ということから由来しています。

太夫
浄瑠璃語りをする役者のことをさします。 物語は基本的には一人で語り情景描写から始まり多くの登場人物を語り分けして長い作品では途中で別の太夫と交代することもあります。

浄瑠璃には多くの種別がありますが、文楽では義太夫節が用いられます。

三味線
浄瑠璃語りをする役者のことをさします。

人形遣い
古くは1つの人形を1人の人形遣いが操っていましたが、1734年に『芦屋道満大内鑑』で三人遣いが考案され、現在では3人で操るのが普通になりました。

主遣い(おもづかい)が首(かしら)と右手、左遣いが左手、足遣いが脚を操作し、「頭(ず)」と呼ばれる主遣いの合図によって呼吸を合わせています。

黒衣姿だが、重要な場面では主遣いは顔をさらすこともあり「出遣い」と呼ばれる。
左・足遣いは顔を隠しています。