一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 牡丹灯篭

≪牡丹灯篭のあらすじ≫

ある日、萩原新三郎という浪人者が顔見知りの医者の宅に行くと治療に来ていた武家のご令嬢お露と女中のおヨネと出会います。

露も新三郎もお互いに一目ぼれし、伴侶になると誓います。
ですが、浪人と武家の令嬢です。
身分の違いはどうしようもできませんでした。

そんなある夜、新三郎が家にいると外から下駄の音が聞こえてきます。
下駄の音が気になって新三郎が外に出てみると、そこには牡丹の絵柄の美しい提灯をぶらさげた露とおヨネが歩いてきました。

新三郎は露に問います。

「これはこれは…こんな夜更けに何用ですか?」

露は答えます。

「新三郎様に会いとうて会いとうて」

といい会いに来ました。

毎晩訪ねてくる露に、近所の人も何をしているのかと興味を持ち、覗いてしまいます

ですが、そこで見たのは新三郎が楽しそうに話しているのは骸骨で、生きている人間ではありません。

実は、露は新三郎に思いを寄せながらも病気で亡くなっていました。

それを追うようにしておヨネも亡くなり、二人はこの世の人ではなくなったのです。

毎晩、死人と情を交わす新三郎も日に日にやつれていきます。
これは流石に危ないと、周囲の人がお坊様に頼み新三郎を助けようとします。

新三郎の家の入口にお札を貼ってお露が家に入れないようにしてしまいます。

お露は札があって家に入れないので新三郎に

「新三郎さま、お札を剥がしてくださいませ」

と懇願します。

ですが、新三郎もあの世に連れて行かれるのは嫌なので拒みます。
しかし、新三郎はどうしても懇願に耐え切れずにお札を剥がしてしまいました。

夜明けも近い頃、おヨネの照らす牡丹灯篭のあとにお露と新三郎が付いていきます。

後にお露の墓を暴いてみると棺の中にはお露の骸骨を抱いた新三郎が入っていました

≪解説≫

怪談・牡丹灯篭は落語家の三遊亭円朝の噺で広く庶民の間に知られるようになりました。

落語の牡丹灯篭の元になったのは19世紀になって書かれた鶴屋南北の「阿国御前化粧鏡」。山東京伝の「安積沼」があります。

実はこの牡丹燈篭という物語はの時代に書かれた剪燈新話という本に出てくる物語で中国ではとても有名な話です。
雨月物語にも剪燈新話から引用された物語がいくつもあります。

ここで、本家の牡丹灯篭とはどういった物語なのかご紹介したいと思います。

時代は元の末期、中国の浙江省のあたりに喬生という男性が住んでいました。

毎年5月15日には灯篭祭りが開かれますが、妻に先立たれた喬生は灯篭祭りを見に行くきにはなれませんでした。

しかし、夜の12時を回った頃、牡丹の花が二つ並んだ灯篭を持った女中を先頭に17.8の年頃の美しい娘が歩いてきます。

喬生は美しさにつられるように娘に近づきます。

すると娘は「逢瀬の約束をしたわけではございませんのに、こんな月夜にお目にかかれるのも何かの縁でしょうか」

と美女「麗卿」に声を掛けられます。

「私の家はこの近くなので、お寄りいただけませんか」

と喬生が誘うと麗卿と女中の金蓮は喬生についていきます。
この日を境に喬生の家には美女と女中は毎日家を訪ねてきます。

これを不思議に思った隣の人が覗くと喬生はドクロと話をしていた。

隣人がみたことにより、喬生に老人は

「人間は精気溢れたものだが、幽霊は陰の世界に住む穢れた存在。
それに気付かず毎晩、幽霊と同衾しているとあの世に連れて行かれるぞ」

と忠告します。
驚いた喬生は、麗卿が住むという西の湖へと行きますが誰も麗卿の事は知りません。

そんな中、休もうと立ち寄った湖心寺に「元奉化州 州判の娘 麗卿の棺」というのを見つけます
周囲を見渡すと、その棺の前には牡丹の花を二つ並べたお馴染みの灯篭があり、その下には死者に備えた紙人形がありました。

その紙人形の背中には「金蓮」と書かれていました。

喬生は大変な事になったと思い魏法師の元へ相談にいきました。
二枚の護符を喬生は渡されて一枚は門柱に貼りもう一枚は寝台に貼るようにと言われ、決して再び湖心寺には近づいてはいけないと言われます。

ですが、1か月程経った頃に喬生は魏法師の言いつけを忘れて湖心寺の前を通ってしまいます。
門前には、金蓮が立っていて「お嬢様がお待ちでございます」と喬生を寺の中へと引き込んでしまいます。

棺のあった部屋には麗卿が待っていて「もう放しはしません」と言い喬生を棺の中へと引きずりこみ
棺の扉がバタンと閉じました。

喬生が帰ってこないことを心配した老人が寺を見に行くと麗卿の棺から喬生の着物が出ているのを見つけ棺を開けると喬生は屍の女性を抱いて死んでいました。

ここまでは似ていますが、実はここから続きがあります。

喬生の死体を見つけた後、夜な夜な金蓮の牡丹灯篭を筆頭に喬生と麗卿が手をつないで歩いている姿が目撃されるようになります。
それを見てしまった人は重い病気になってしまい手厚い法要をしないと死んでしまうこともあり、人々は魏法師に助けを求めます。

「わしの護符は未然に防ぐことはできても、既に起きてしまったことには効き目がないので、幽霊を懲らしめる術を身につけた鉄冠道人に相談しろ。」と魏法師は言います。

鉄冠道人は静かな隠居暮らしを妨げられたので怒り心頭です。
金連、喬生、麗卿の三人を捕らえると首かせをして鎖でつなぎ鞭打ちをし、三人に供述書を書かせて九幽の獄へ押し込んでしまいます。

人々に鉄冠道人のことを教えた魏法師に対しても「あのおしゃべりめ」と怒り、喋れなくしてしまい、道人は人々の前から姿を消してしまいます。

ここが明の時代に書かれた剪燈新話に出てくる牡丹灯篭の元になっています。