一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 元犬

≪元犬 のあらすじ≫

ある所に浅草蔵前の八幡さまの境内に珍しい純白の犬が迷い込みました。

近所の人間は犬を見て言います

「白い犬は人間に近いと言われているので、お前は来世で人間に生まれ変われる」

と言い、それを聞いた白犬はその気になって人間になれるようにと八幡さまに三七、二十一日の願掛けをしました。

すると願いが通じ満願の日の朝に、一陣の風が吹くと毛皮が飛んでいきました。
白犬は気付くと人間になっていたのです。

白犬は人間になったことは嬉しかったのですが、裸なのは困ったと奉納手ぬぐいを腰にまきました。

次に白犬は人間になったのだから何処かで奉公しないとご飯が食べられないと困っていました。
すると、そこに犬の時に可愛がってくれた口入れ屋の上総屋吉兵衛がきたのです

白犬は奉公したいので世話をしてほしいと頼みますが、吉兵衛は誰だかわかりません。

ですが、吉兵衛は誰かは分からないけれど裸でいるのを不憫に感じて家に連れ帰ってくれます。

ところが元々犬だった為、犬の習性は抜けません。
這って歩こうとしたり、足を拭いた雑巾の水は飲むわ、尻尾があるつもりで振ったり、干物を頭から食べたり、挙句の果てには着物の着方も知りません。

吉兵衛は、変わっているからという事で白犬に隠居を紹介します。
隠居は色白の若い衆だという事で引き取る事にしましたが犬の時の行動をとってしまうので驚きました。

隠居は「うちには古くからお元という女中がいるから仲良くしておくれ」と念を押します。
そして根掘り葉掘りと白犬の事を聞きだします。

お父っつぁんは酒屋のブチで、 お袋は毛並みのいいのについて逃げました。

兄弟は三匹で、片方は大八車にひかれ、 もう片方は子供に川に放り込まれてあえない最期。
なにか変だと思って、隠居は「名前は?」と聞くと 「ただのシロです」

よ答えます。 隠居は、勘違いをして 「ああ、只四郎か。いい名だ。今茶を入れよう。 鉄瓶がチンチンいってないか、見ておくれ」

「あたしは、チンチンはやりません」

「いや、チンチンだよ」

「やるんですか?」 シロがいきなりチンチンを始めたので、 さすがの隠居も驚いた。

「えー、茶でも煎じて入れるから、 焙炉(ほいろ)をとんな。そこのほいろ、ホイロ」
「うー、ワン」

「気味が悪いな。おーい、お元や、もとはいぬ(=いない)か?」
「へえ、今朝ほど人間になりました」

≪解説≫

原話は不詳で、心学の教義を基にした噺といわれ、生粋の江戸落語です。

冒頭で出てくる蔵前八幡とは、現在の東京都台東区蔵前三丁目に位置し元禄7(1694)年、石清水八幡を勧請したので、石清水正八幡宮の正式名があります。

白犬は本当に人間に近いのか…これは、心学の教義や仏教の転生話が根拠となりますがはっきりとした史実はないようです。