一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 芝浜

≪芝浜 あらすじ≫

天秤棒一本で行商をしている魚やの勝は、腕はいいものの酒好きで仕事でも飲みすぎて失敗が続き、さっぱりうだつが上がらないでいました。

その日も女房に朝早く叩き起こされて嫌々芝の魚市場に仕入れに向かいました。

ですが、時間が早かった為に市場はまだ開いてはいませんでした。

誰もいない美しい夜明けの浜辺で顔を洗い煙管を吹かしていました。

すると足元の海中に沈んだ革の財布を見つけます。

拾って中を開けると、中にはなんと大金が!!

有頂天になって自宅へ飛んで帰りさっそく飲み仲間を集めて酒盛りをし始めました。

ですが、翌日…二日酔いで起きだした勝に女房は「こんなに飲んで支払いをどうするんだ」と怒られます。

勝は拾った財布に大金が入っていたことを訴えますが、女房はそなんなものは知らないの一点張りです。

女房に夢を見たんだと言われ、焦った勝は家中を探しますが、どこにも財布はありません。

彼は愕然として財布の事は夢だと諦めます。

これを機に勝はこのままじゃ駄目だと一念発起します。

断酒をして、死にもの狂いで働きます。

その懸命に働いた三年後には表通りに若い衆を使う立派な店を構える事ができました。

生活も安定し、身代も増えました。

そして、その年の大晦日の晩に勝は妻に対して労いの言葉をかけ頭を下げます。
ここで、女房は告白をはじめます。

室は、あの日勝から拾った財布と大金を見せられ困惑したこと。
十両盗めば首が飛ぶという時代だった事もあり、横領が露見すれば死刑は免れません。

長屋の大家と相談した結果、大家は財布を拾得物として役所に届け、女房は勝の泥酔に乗じて財布なんて最初からなかったと思わせる事にしたのです。

時が経っても財布の持ち主は表れなかった為、役所から勝にお金が下げ渡されたという事でした。

事実を知った勝でしたが、妻を責める事はなく、道を外しそうになった自分を助けて間人間へと達尚rたせてくれるキッカケを作った妻に感謝しました。

久しぶりに酒でも…と女房は勝に酒を勧めますが、初めは断る勝。

ですが、おずおずと杯を口にします。

ですが杯を置いて「よそう。また夢になるかもしれねぇ」

≪芝浜 解説≫

この噺は、三遊亭圓朝の三題噺が原作です。

三題噺とは、お客さんからお題をもらいそれを絡めてその場で作る即興の落語の事です。


芝浜の河岸は現在は現在の港区芝浦一丁目付近に位置します。

金杉浜町という漁師町がありました。
そこに雑魚場という、小魚を扱う小規模な市があり、これが勝五郎の「仕事場」だったという訳です。