一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

エンディングノート

エンディングノートとは、もしもの時のために伝えたいことを書き記しておくノートを言います。 エンディングノートには法的な効力はありませんが、家族や親族の気持ちの面において効力を発揮します。

また、エンディングノートを書くことでこれまでの人生の歩みを整理し、今後の人生を生き生きとしたものとすることが出来ます。

どうやって書くのか?

エンディングノートは遺言書と異なり法律上の文書ではありません。
ですので、書き方に決まりは全くありません。最近では様々な種類のエンディングノートが売っているので、好みのノートを探すのも楽しいかと思います。

エンディングノートに記載する情報の例

自由に書いて良いノートなので、内容についても決まりはありませんが、以下の項目を書くことが多いようです。


  • 自分について
    -本籍地
    -健康保険証やパスポートの保管場所
    -住民票コード
    -マイナンバー など

  • 資産のこと
    -預貯金(銀行名や口座番号、ネットバンキング用のIDなど)
    -公共料金やクレジットカードなどの自動引き落としの情報
    -有価証券やその他の金融資産
    -借入先名や返済方法、担保の有無など
    -クレジットカード名称やカード番号の一部
    -基礎年金番号や加入した年金の種類などの年金に関すること
    -加入している保険会社名と種類、商品名  など

  • 身の回りのこと
    -携帯電話やパソコンのロック解除パスワード
    -ショッピングサイトやSNSなどへのログイン情報  など

  • 家族・親族のこと
    -現在の家族や自身の親や兄弟の続柄、連絡先

  • 友人・知人のこと
    -学生時代や職場の方の連絡先
    -葬儀への参列希望の有無

  • 医療のこと
    -かかりつけの病院名や電話番号
    -常用している薬
    -持病やアレルギーの有無 など

  • 葬儀・供養のこと
    -希望する葬儀内容
    -遺影写真に使ってほしい写真

  • 遺言のこと
    -遺言書作成の有無
    -遺言書の保管場所と遺言書の種類(自筆証書、公正証書、秘密証書)

エンディングノートの保管に関する注意

自分の情報が詰まったエンディングノートが悪用されてしまっては元も子もありません。
例えば銀行口座の暗証番号であったり、クレジットカード番号を全て記入すると不正利用される恐れがあります。
このような項目を記載する時は常にエンディングノートの紛失を想定したうえで記入しましょう。

また保管についても充分に注意し、保管場所も信頼出来る人にだけ教えましょう。