一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

お墓の準備

自分が亡くなった後どこのお墓に入るのか。新しくお墓を購入するのか。
自分だけでは決めにくい問題だからこそ、しっかり話し合う必要があります。

お墓選びは人生の大きな買い物となります。しっかりポイントを押さえて、あなたにとって、家族にとって理想のお墓を探しましょう。

お墓はどこに建てる?

お墓は都道府県知事の許可を得た「墓地」にしか建てる事が出来ません。墓地については大きく分けて3種類あります。まずはそれぞれの特徴を知りましょう。


  • 公営墓地
    地方自治体が管理・運営している墓地です。宗教・宗派は問いません。
    信頼度が高く、一般的に永代使用料や管理料が低めに設定されているので人気があり、地域によっては競争率がとても高いです。また、申込みには「その治自体に居住している」 「未納骨の遺骨がある」などの条件が設定されている場合が多いです。

  • 民営墓地
    財団法人や社団体等の公益法人、宗教法人が管理・運営している墓地です。
    購入者のニーズや地域性を考え、駐車場やバリアフリーなどの施設が充実しているところが多く、申込み時の条件や宗教制限などもありません。公営墓地と比較すると割高で、場所によって価格にも大きなさがあります。

  • 寺院墓地
    多くはお寺の境内にある墓地のことで、そのお寺の檀家の方々のために造られた墓地です。 そのため、新しく入る場合はそのお寺の檀家になることが条件であることがほとんどです。 寺院とお墓が近いので法要の際の移動が便利です。また、寺院の管理ということで安心して任せられるという方も多いようです。

様々なお墓の種類

誰と一緒にお墓に入るのか。最近ではお墓のタイプも多様化しています。


  • 家墓
    先祖代々子孫が受け継いでいく従来型のお墓。墓碑銘は「○○家」「○○家代々の墓」と刻まれていることが多い。

  • 個人墓
    故人一人が入るお墓。家墓が無い場合や生涯独身だった方で「知らない人と一緒のお墓に入るのは抵抗がある」と考えるなどが希望する事が多い。 お墓の管理はお寺と契約を結んだ上でお寺に任せます。また、家墓がある場合でも残された家族が故人のために記念碑的な役割として個人墓を建てるケースもあります。

  • 両家墓
    二家族を祀ったお墓。一人っ子同士の結婚や長男長女同士の結婚などにより、それぞれの両親のお墓を建てたいが二つのお墓の管理は難しい。 という時に両家を合わせて祀る共同墓が両家墓です。墓石には両家の姓を刻むこともありますが、最近では「愛」「絆」などとすることが多い。

  • 永代供養墓
    寺院や墓地管理者が永代にわたって供養する墓で、承継を前提とせず供養・管理は寺院や墓地管理者で行います。遺骨は他人と一緒に納めるケースが多いです。

  • 夫婦墓
    夫婦が二人で入るお墓。承継者がいないことが前提で入るため、後に永代供養墓とすることが多い。

  • 共同墓
    墓地に対する考え方を同じくした人たちが入るお墓。お墓の名義が個人ではなく企業や団体、NPO法人になっている。

墓石のタイプ

古くより和型墓石が一般的でしたが、近年は洋型墓石やデザイン墓石といったものも多く見られるようになりました。
墓石の形状や石の種類など選択肢は無限にあります。

石材店によっても価格は異なりますので、どのようなデザインの墓石が希望なのか、予算はどれくらいなのかを相談しながら決めるようにしましょう。


お墓に入る以外の選択肢

これまでお墓について解説しましたが、お墓に入る以外にも納骨方法にはあります。納骨堂に納める、散骨する、最近では遺骨からダイアモンドを作って手元に置いておくという選択肢もあるようです。 様々な選択肢があることを理解し、自分の望む納骨方法を考えていきたいですね。