一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

荷物の片付け

終活の中でも手を付けやすい荷物の片付け。生前に自分の荷物を整理しておくことはとても重要になります。
なぜなら、自分の死後に残された家族が遺品整理の際に困らないようにするためです。故人の思い出の写真であったり、コレクションに関しては 本人以外はなかなか捨てにくいものです。

葬儀やお墓について考えるのはまだちょっと早い気が。と思う方は、荷物の片付けから手を付けてみても良いのではないでしょうか?

なぜ荷物の片付けが必要なのか

長年暮らしていた家にはたくさんの物が溢れています。もし多量の物が残ったまま亡くなってしまった場合、片付けに苦労するのは残された家族です。
また、物が少なくなることで財産が明確になり、相続がスムーズに行えます。大切なものだけを遺すためにも荷物を減らしておく必要があります。

いつから始める?

荷物の整理といってもいつから始めればいいの?と思うかもしれません。ズバリ言うと早いうちに行っておくほうが吉です。荷物の整理には捨てる・捨てないの判断力と体力が必要です。
当然ですが、歳を重ねていくにつれて体力が落ちていきます。
気力・体力が充分残っているうちに不用品の処分、片付けを行っておけば物に躓いて怪我をしてしまった なんてことも防げるはずです。

片付けの仕方

どこから手を付けるかは人それぞれかと思いますが、片付けは長期戦で行うということを忘れずにいてください。長い時間をかけて集めたものは整理にも時間がかかります。一気にやろうとして 気力が無くなってしまっては本末転倒です。
押し入れやクローゼットの中身から少しずつ整理を始めてみましょう。

業者に依頼する

片付けをしていて不用品がたくさん出てきたけれど、自分ではとても運び出せない。という時は業者に頼るという手段があります。
不用品回収だけでなく片付けも代行してくれる業者もありますので、見当してみても良いですね。