一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

老人ホームの選び方

少子高齢化がすすんでいる昨今ですが、老人ホームについての知識は万全でしょうか?
将来入ることになるかもしれない老人ホーム。いざという時に焦って決めてしまっては納得のいく場所に入れない可能性があります。

両親や自分の老後について前向きに考えることが出来るよう老人ホームについて学んでいきましょう。

老人ホームの種類

老人ホームの種類は法律上以下の2つに分類されています。


  • 老人福祉施設
    公的な施設。基本的に日常生活が困難な方のための施設であり、有料老人ホームよりも安価である場合が多い。

  • 有料老人ホーム
    民間の施設。サービスや費用に大きく差があります。

また、現在では上の2種類の他にも様々な形態の老人ホーム施設が存在しています。
どんなものがあるのか以下で確認してみましょう。

老人福祉施設

老人福祉施設の一つに分類されるものに特別養護老人ホームがあります。重度の要介護状態であることが入所の条件ですが、料金が安いので人気があります。しかし、近年では重度の要介護者であっても入所することが出来ない「待機介護者」が存在します。
24時間介護のサービスが受けられることこと、入居一時金がかからないことが特徴と言えます。

有料老人ホームとその他の形態

有料老人ホームは企業や法人が運営する施設であり、そのサービス内容は様々です。
かなり豪華なものから小さくアットホームなものまであります。また老人福祉施設に比べて「待ち」が少ないのもメリットです。
この他のタイプの施設については以下となります。


  • 介護付き老人ホーム
    一般的に民間の「介護付き老人ホーム」を指します。ある程度自立している人から、重度の介護認定を受けている人まで幅広い入居が出来るのが人気の理由です。

  • 高齢者住宅
    「サービス付き高齢者住宅」を指すことが多いです。民間が運営する賃貸住宅でありながら、いざという時に高齢者向けのサービスが受けられるのが特徴です。
    一般の賃貸住宅ですと金銭面などの不安から「高齢者お断り」というところも少なくありません。しかし、高齢者住宅であれば対象が高齢者なので借りやすいです。

  • ケアハウス
    国や地方自治体が補助金を出している軽費老人ホームの一つです。基本的には介護が必要ない人で身寄りがなかったり、家族のサポートが難しい人が入所可能です。
    民間の有料老人ホームと比べ安価ですが、人気が高く入所が難しいです。また、介護が必要になった場合には退去をしなければならない事もあります。

さいごに

入所すると長い時間を過ごすことになる施設ですので、本人も家族も納得のいく場所を選ぶようにしましょう。また、当然ですが費用もかかります。自分の資産から無理の無い程度の価格の施設を探すこともポイントです。



老人ホームの選び方
老人ホームの選び方について詳しく見る