一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

認知症について

2025年には65歳以上の3人に1人が認知症患者、またはその予備軍となると厚生労働省より 発表されました。
認知症は早期発見により治せたり進行を遅らせる事が可能です。しかし、その初期症状は人によっても異なり、老化現象との区別もつきにくいため 発見が難しいのも事実です。自分は大丈夫だと思い込まずに、認知症について学んでみましょう。

認知症とは

認知症とは、様々な原因により脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなって生活するうえで支障が出る状態のことを言います。 脳の老化による物忘れとは異なるので注意しましょう。

認知症と老化による物忘れの違い

では、それぞれの特徴について確認していきましょう。


  • 老化による物忘れ
    こちらの原因は脳の生理的な老化によるものです。体験したことの一部分を忘れ、忘れっぽいことを自覚できるのが物忘れです。判断力の低下も見られず、日常生活に支障はありません。
    例:夜ご飯に何を食べたかを忘れてしまうが、ご飯を食べたことは覚えている
    (ヒントがあれば思い出せる)

  • 認知症
    認知症は脳の神経細胞が正常に働いていないことにより発生します。
    体験したこと自体を忘れてしまい判断力も低下します。日常生活にも支障が出ます。
    例:夜ご飯の献立だけでなく、食べたこと自体を忘れてしまう。
    (ヒントがあっても思い出せない)

この2つの違いは曖昧で、判断が難しい場合があります。「怪しいかも?」と思ったら早めの受診が大切です。

主な認知症の種類

認知症は主なものとして以下の4つがあります。


  • アルツハイマー型認知症
    認知症の半分以上を占め、女性に多く見られます。脳に特殊なタンパク質が溜まり、神経細胞が壊れて減ってしまうことで発症します。

  • 脳血管型認知症
    アルツハイマー型についで多く、認知症の20%を占めます。脳梗塞や脳出血など、脳の血管障害によって発症します。脳血管障害を早期に治療してリハビリを行えば 進行を抑えることも可能です。

  • レビー小体型認知症
    レビー小体という他タンパク質が脳に溜まることで脳が萎縮してしまい発症します。
    初期の症状として幻覚や妄想、うつ状態になることが挙げられます。

  • 前頭側頭型認知症
    ピック球という異常構造物が神経細胞に溜まる場合と蛋白が溜まる場合が今のところの原因として見つかっています。人格や性格が極端に変わったり、衛生の管理が出来ないことが症状として挙げられます。

早期発見のポイント

認知症のテストは様々な種類のものが公開されています。当てはまる項目が多いからと言って絶対に認知症!と思い込んでしまうのではなく、 一つの手がかりとして考えてみてください。以下にもチェックポイントを掲載します。


  • 同じ事を何度も言ったり聞くことがある
  • 物をしまったことを忘れ、見つからないことを他人のせいにする
  • 落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなった
  • 以前は好きだった物に興味を示さなくなった
  • 身だしなみに無関心になった
  • 慣れた道や駅でも迷うことがある
  • 夜中や早朝に起き出して騒ぐ事がある