一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

スマートフォン・タブレットで読書を楽しむ

老眼が進んで本を読むのが辛い。と読書から離れてしまった方も多いのではないでしょうか?
実はスマートフォンやタブレットでも本を読むことが出来るんです。

専用のアプリを入れる必要がありますが、アプリを入れた端末ならどこでも気軽に本を読むことができます。

まずは電子書籍を読むためのアプリを入れましょう

電子書籍を読むためには専用のアプリが必要です。Kindleや楽天Koboなどが有名ですが、電子書籍を購入する販売元によって利用するアプリは異なります。
例えば、AmazonのKindleで購入した電子書籍はKoboでは読むことは出来ません。購入元の指示に従ってアプリを入れるようにしましょう。

電子書籍のメリット1:文字の拡大表示が可能

紙の書籍では文字の大きさを変更する事が出来ませんよね。しかし、電子書籍なら文字の大きさを自由に変えることが出来るんです。
文字が大きくなり、読みやすくなることで以前よりも読書量が増加した。という方もたくさんいらっしゃいます。

電子書籍のメリット2:たくさんの本を持ち歩くことが出来る

長時間出かける時などは何冊か本を持って行きたいですよね。しかし、何冊も本を持ち歩くのは重くて大変です。
電子書籍であれば端末さえ持ち歩けば、何冊でも好きな本を持ち歩けます。

電子書籍のメリット3:違う端末でも読むことができる

同じアカウント情報でアプリにログインすれば、異なる端末でも同じ本を読むことが出来ます。
例えば外出時にはスマートフォンで電子書籍を読み、家ではタブレットで同じ本の続きを読むなんてことも可能です。
もちろん、端末が増えても書籍購入にかかる費用は1冊分の価格で変わりありません。

電子書籍のメリット4:一度購入した本はずっと読むことが出来る

一度購入した書籍は当然ですが、有効期限など無しにずっと読むことができます。紙の書籍と違って日焼けなどの劣化の心配もなく 綺麗なままで読むことができるのも利点ですね。

注意点

スマートフォンやタブレットで読書をする際に注意したいのが目の疲れです。長時間画面を見続けていると当然ですが目が疲れてきます。
紙の書籍のように何時間も続けての読書は避けた方が無難でしょう。