一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

スマートフォンの利用料金を安く抑えるために

スマートフォンは月額利用料が高くなってしまうことがネックですね。しかし、通信会社を選べば安く利用することができるのです。






格安SIMとは

最近CMなどで「格安SIM」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? まず、携帯にはSIMカードというものが入っています。(携帯を契約する際にお店の人が端末に入れている小さいカードのことです)
ここには携帯の回線情報(電話番号や契約者情報)が含まれています。このカードがあることで携帯はインターネットも出来ますし、通話もできます。
逆にSIMカードが入っていない端末はwi-fiのあるところでしかインターネットや通話をすることは出来ません
このSIMカードを低価格で提供しているので格安SIMと呼ばれます。

格安SIMはどこが提供している?

これまでは携帯電話の通信会社と言えばドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアがほとんどでした。
しかし近年では、ドコモやauなどの携帯電話キャリアからインターネット・通話の回線を借りて、通信サービスを提供している会社が増えてきています。
このように携帯電話の回線は持たず、他の事業者から回線を借りている事業者のことを「MVNO」と呼びます。格安SIMを提供しているのはこの「MVNO」と呼ばれる通信会社になります。

MVNOは大手キャリアから回線をまとめて借りた上で販売にかかるコストを削減しているため、通信価格も安価にすることが出来るということです。


やはり安心なのは大手キャリア?

月額料金が安くなるといっても、有名じゃない会社の電話を使うのは怖いという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ここ数年でMVNOの市場も大きく進化していますし、イオンや楽天などなじみのある企業もどんどん参入していきています。
家電量販店にも担当の販売委員が居るケースが増えてきていますので、実際に話しを聞いてみるのも良いでしょう。

格安SIMの良い点

格安SIMの良い点は主に以下となります。
  • 月額料金が安い
  • 通信料によってプランを自分で選ぶことができる
  • 2年契約などの縛りが少ない

格安SIMの悪い点

格安SIMの悪い点は主に以下となります。
  • データ通信のみのプランが多く、音声通話に対応していないプランもある
  • キャリア関連サービスの利用が出来なくなる(メールアドレス、年齢認証など)
  • 支払い方法に口座振替が選べず、クレジットカードが必須となることが多い
  • データ通信量の制限が厳しい
  • 時間帯によっては通信速度が極端に遅い場合がある

悪い点という言い方をすると大げさに考えてしまいそうですが、家にwi-fiがある場合は通信料が少ない点も気になりませんし、MVNOの中には 大手キャリアと同等の通信速度を提供してくれる会社もあります。
短所をカバーできる使い方をすれば特に気にせずに利用できると思います。

格安SIMに変更した場合、今までの電話番号は利用出来る?

はい。格安SIMに変更した場合でも今までの電話番号は変わらず利用できます。
しかし、音声通話をするには通話に適したプランを選ぶ必要があるのでご注意ください。

少しハードルは高いけれど、家計に嬉しい格安SIM

自分がどれくらいスマートフォンを使うかによって適したプランが異なります。MVNO各社より様々なプランが出ているので、本当に必要なところをカバーできるプランを選びましょう。 息子さんや娘さんが機械に強いなら、一緒に選びに行ってもらうと心強いですね。