一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

19年度税収、下方修正へ=3年ぶり赤字国債増発も



2019年度の国の税収が当初見込みの62兆4950億円から大幅に減る見通しであることが15日、分かった。米中貿易摩擦などの影響で日本企業の輸出が低迷する中、企業からの法人税収の下振れが主因。減額幅は1兆~2兆円規模になるとみられ、19年度補正予算案で3年ぶりに赤字国債が増発される見通しだ。

長引く米中摩擦を震源とする世界経済の減速により、日本の製造業などの企業業績が悪化。今後は消費税率10%への引き上げに伴う個人消費の落ち込みも見込まれる。日本経済の停滞懸念は根強く、法人税を中心に税収が伸び悩む公算が大きい。

【時事通信社】

2019年11月15日 19時00分

administration


関連記事

哨戒機、アデン湾中心に検討=対空ミサ

改憲、不透明感増す=臨時国会、9日閉

「社会的企業」に財政支援=引きこもり

「桜」追及、疑問残し越年へ=文書廃棄

ベンチャー投資促進へ、出資額の25%

立憲、国・社に合流呼び掛け=枝野氏「

未発生地でも接種検討=豚コレラワクチ

通常国会、来月20日召集が軸=首相の

閣内トップ、茂木氏1.5億円=麻生氏

野党、内閣不信任を9日に判断=会期延

厚労省「妊婦加算」抜本見直し=来年4

衆院憲法審、開催見送り=最後の定例日

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース