一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

連合、賃上げ要求「5%程度」=水準引き上げ、物価高に危機感―23年春闘



連合は1日の中央委員会で、2023年春闘の闘争方針を正式決定した。定期昇給分を含めた賃上げの要求水準について、16年春闘以降続いた「4%程度」から「5%程度」に引き上げた。物価高で生活が圧迫される一方、実質賃金はマイナスが続く。連合は危機感を強めており、物価上昇分を反映させた大幅な賃上げを実現したい考えだ。

方針では、2%の定期昇給を前提に、基本給を底上げするベースアップ(ベア)は昨年までの要求に1%分を上乗せした「3%程度」とした。ベア要求は10年連続となる。

【時事通信社】 〔写真説明〕連合の中央委員会であいさつする芳野友子会長=1日午前、千葉県浦安市(連合提供)

2022年12月01日 18時02分


関連記事

関電、不正閲覧4万件に拡大=社員ら1

日産・ルノー、出資「対等」へ声明発表

トヨタ、3年連続世界首位=1048万

半導体規制、米日オランダ合意=中国包

客の「心理」最優先=接客業、マスク対

日産・ルノー、出資「対等」で合意=相

外国人労働者182万人=水際緩和で伸

スタンダード移行も選択肢=プライム企

スズキ、電動化へ2兆円投資=EVで巻

トヨタ社長に53歳・佐藤恒治氏=4月

12月の米物価、5.0%上昇=1年3

情報閲覧、6電力に拡大=中部電には報

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース