一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

戸籍氏名に「読み仮名」記載=「キラキラ」命名に基準―法制審要綱案



法制審議会(法相の諮問機関)の戸籍法部会は2日、戸籍の氏名に読み仮名をカタカナで記載する戸籍法改正案の要綱案をまとめた。漢字本来の読み方と異なる「キラキラネーム」の命名では一定のルールを策定する。今月中旬の法制審総会で正式決定し、斎藤健法相に答申する。政府は今国会に改正案を提出し、2024年度中の新制度開始を目指す。

現行の戸籍法には読み仮名に関する規定がない。戸籍には読み仮名が記載されず、行政機関が保有する氏名データは大半が漢字だ。仮名も記載した方が効率的にデータベース化できるため、部会は21年11月から議論を続けてきた。

法務省は昨年10~11月、全国5000人を対象にウェブアンケートを実施。(1)読み方を制限しない(2)公序良俗に反しなければ認める(3)通常用いられる音訓は認める(4)漢字の本来の音訓のみ認める―の4案について聞いたところ、賛成は(2)と(3)が多かった。

【時事通信社】 〔写真説明〕法務省=東京都千代田区

2023年02月02日 14時58分


関連記事

「適切な対応取る」=円安進行に、日本

共同親権法案、今国会成立へ=衆院通過

スパコン整備に巨額支援=AI開発加速

国政補選、政権浮沈に影響=福田・菅首

支援金、試算小出しに批判=政府は「実

築地、三井不動産などが再開発=5万人

自民、皇族確保の政府2案「妥当」=近

中東情勢を憂慮、邦人被害なし=イラン

感染症危機、国が調整・指示=「機動的

教員月給上乗せ「10%以上」=教科担

少子化関連法案、衆院通過=支援金徴収

自民派閥「偽装解散」指摘も=政治団体

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース