一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

藤井、最年少六冠=史上2人目、棋王も奪取―将棋



将棋の藤井聡太五冠(20)=竜王、王位、叡王、王将、棋聖=は19日、栃木県日光市で指された第48期棋王戦5番勝負の第4局で渡辺明棋王(38)=名人と合わせ二冠=に後手番132手で勝ち、3勝1敗で初めて棋王を獲得した。1994年に羽生善治九段(52)が達成して以来、史上2人目の六冠となった。20歳8カ月での六冠は羽生九段の24歳2カ月を更新する最年少記録。

藤井六冠は終局後に記者会見し、「まだ獲得できた実感はないが、何とか結果を残せて良かった」と述べた。

八大タイトルのうち、残るは名人と王座となった。藤井六冠は4月5日から始まる名人戦7番勝負で渡辺名人と再び対戦し、最年少「七冠」に挑む。全タイトル制覇について問われると「実力的にまだまだ足りないところがあるので、少しでも高めていきたい」と語った。

この日は渡辺名人の猛攻をしのぎ切り、棋王奪取を決めた。棋王戦は第3局で藤井六冠が詰みを逃して敗れるなど終盤もつれる展開が多く、「難しい局面を考えることができた収穫の多いシリーズだった」と振り返った。

4月からは名人戦と、叡王の防衛戦を並行して戦う。「良い状態で臨んで、良い将棋にしたい」と意気込みを見せた。

一方、棋王戦11連覇を阻まれた渡辺名人は終局後、「棋王戦を振り返りつつ、また向かっていければ」と述べた。

【時事通信社】 〔写真説明〕渡辺明棋王(右)に勝利した藤井聡太六冠=19日午後、栃木県日光市(代表撮影) 〔写真説明〕史上最年少で六冠を達成した藤井聡太新棋王=19日午後、栃木県日光市(代表撮影)

2023年03月19日 23時06分


関連記事

ダイエットに糖尿病薬処方=オンライン

祈り込め、大空舞うたこ=ガザへ「希望

沖縄へ移住、自立を模索=「どう生活す

絵画教室に彩り戻る=半月で再開「発散

コロナ・インフル、流行高止まり=入院

「伝説」ライダーが復興支援=能登に縁

天皇陛下、64歳に=能登の復興「心か

海臨む温泉旅館、再建遠く=自慢の景色

豊田織機に是正命令=エンジン認証不正

旧統一教会巡り初審問=解散命令請求、

高齢者施設、被災離職相次ぐ=職員避難

人気返礼品「加能ガニ」、出荷再開=地

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース