一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

賃上げ・子ども政策を強調=岸田首相「少子化反転へ方向性」―骨太方針の骨子案・諮問会議



政府は26日、経済財政諮問会議(議長・岸田文雄首相)を開き、6月に取りまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の骨子案を示した。岸田首相が最重要課題と位置付ける構造的賃上げに向け、リスキリング(学び直し)支援などの労働市場改革や、「人への投資」を強調。少子化対策や子ども政策を抜本強化する方針も盛り込んだ。

岸田首相は会議の席上、骨太方針で賃上げや人への投資のほか「少子化トレンド反転に向けた政策抜本強化の取り組みの方向性を明らかにしていく」と述べた。

会議で民間議員は、少子化対策を含めた子ども政策の財源について「徹底した歳出改革を大前提とすべきだ」と提言し、新たな給付と負担の将来見通しを示すよう求めた。さらに、有識者を交えた特別セッションの議論を踏まえ、政府・日銀が連携して賃金上昇を伴う2%の物価目標の安定的な実現を目指し、デフレマインドを払拭(ふっしょく)するよう主張。諮問会議でその取り組みについて定期的に検証すべきだとしている。

【時事通信社】 〔写真説明〕経済財政諮問会議で発言する岸田文雄首相(左端)=26日午後、首相官邸

2023年05月26日 20時34分


関連記事

予算案、来月1日の衆院通過期す=裏金

「間接支援」で対米ミサイル供与=政府

特養施設の混乱「教訓伝えたい」=語り

問われる高齢者・障害者避難=市町村の

新交付金、現役世代も対象=能登地震、

能登地震「支援を一層拡充」=岸田首相

「食料の武器化」に懸念=政府、不測時

母子手帳のデジタル化加速=スマホで健

物心両面でウクライナ支援=中国にらみ

日中、処理水巡り担当者協議=先月、首

「ポスト岸田」自民でうごめき=石破、

TSMCに7300億円支援=熊本第2

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース