一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京株、3万1233円=バブル後高値、過熱感警戒も



29日の東京株式市場は、米政府の債務上限問題で大統領と下院議長が合意したことを好感し、買いが優勢となった。日経平均株価の終値は前週末比317円23銭高の3万1233円54銭と3営業日続伸し、バブル崩壊後の最高値を更新。1990年以来33年ぶりの高水準となった。

米半導体メーカーの好決算や外国為替市場の円安進行も後押しし、大型株を中心に買いが広がった。日経平均は上げ幅が600円を超える場面もあった。

ただ、最近の株価の上昇ペースの速さには、過熱感も指摘される。利益確定売りも出やすくなっており、29日午後は上げ幅を縮めた。市場関係者は「投資家のリスク選好姿勢は強まったが、米国の債務問題が解決するか、議会動向が注目だ」(国内証券)と話していた。

【時事通信社】 〔写真説明〕バブル後最高値を付けた日経平均株価の終値を示すモニター=29日午後、東京都中央区

2023年05月29日 17時23分


関連記事

中国恒大会長、軟禁状態に=創業者不在

NY円、149円台後半=11カ月ぶり

円安、一時149円台=11カ月ぶり、

物流24年問題、広がる企業連携=出荷

食品、一部で値下げの動き=節約志向に

米自動車労組、スト拡大=GM、ステラ

日本製、広がる買い控え=中国の業者も

日銀、大規模緩和を継続=政策修正時期

政府支援に「即効性なし」=漁業者ら苦

収益改善、期待できず=ファンド傘下で

米中、経済・金融巡り作業部会=関係安

進む円安、政策修正へ圧力=日銀は物価

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース