一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

金融株下落、市場の動揺継続=当局対策後も収まらず―米市場



【ニューヨーク時事】17日の米株式市場では、米中堅銀行シリコンバレー銀行(SVB)の経営破綻をきっかけにした信用不安が拡大し、地方銀行を中心に金融株の下落が続いた。米連邦準備制度理事会(FRB)など当局は、銀行への新たな資金供給策を打ち出し、中堅銀ファースト・リパブリック銀行の支援策もまとめた。それでも市場の動揺は続き、収拾にはほど遠い状況だ。

市場では、ファースト・リパブリック銀が前日終値比で30%超の大幅安。前日に大手11行が計300億ドル(約4兆円)の資金支援を決めたが、株価下落に歯止めがかかっていない。支援に参加したJPモルガン・チェースやシティグループなど大手銀行株も売られた。

FRBによると、新たな銀行向け資金供給策の利用額は、15日時点で119億ドルと伸び悩んでいる。市場では、必要となる担保条件が厳しいなど「不十分だ。さらなる対策が必要になる」(米エコノミスト)との指摘が多い。

米当局は、破綻したSVBとシグネチャー銀行の預金を全額保護する方針。しかし、「連鎖破綻リスクをもたらすと判断した場合のみ」(イエレン財務長官)の特例措置にとどまり、市場の不安払拭(ふっしょく)にはつながっていない。

17日は、信用不安を背景にした売りが幅広い業種に波及。代表的な米株価指標のダウ工業株30種平均は一時500ドル超下落した。地方銀行の信用不安で融資などが縮小し、景気悪化が加速する事態への懸念も強まっている。

英調査会社キャピタル・エコノミクスのチーフエコノミストは、「銀行の融資債権の質が悪化する兆候が出始めれば、問題はより困難なものになる」と警鐘を鳴らしている。

〔写真説明〕16日、米ニューヨーク証券取引所(AFP時事)

2023年03月18日 08時52分


関連記事

TSMC熊本、年内稼働へ=台湾半導体

米エヌビディア、時価総額2兆ドルに=

NYダウ、連日の最高値更新=生成AI

ホタテ輸出、多角化急ぐ=水産物の「脱

中東情勢巡る経済問題議論=米長官、ウ

NYダウ、4万ドル視野=AI期待、ハ

NYダウ、初の3万9000ドル台=ハ

トヨタグループ、立て直し急務=「源流

証券・経済界に年内4万円超の声=日本

東京株、史上最高値=3万9098円6

対ロ貿易、過去最高に=西側との関係悪

伊藤忠、ビッグモーター再建へ=優良資

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース