一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

島根の監督、パワハラで処分=職務停止2カ月―Bリーグ



バスケットボール男子のBリーグは21日、B1(1部)島根の鈴木裕紀監督(42)が選手やスタッフに対してパワーハラスメント行為を働いたとして、2カ月間の公式試合に関わる全職務の停止処分を科したと発表した。対応が不十分だったクラブや堀健太郎ゼネラルマネジャーらには罰金処分などを科した。

Bリーグによると、鈴木監督は昨年7、8月にスタッフが泳げないことを知りながら泳ぐよう強制し、ある選手に対しては解雇をほのめかして叱った。同8月にリーグに通報があって判明した。

松江市内で記者会見したチーム運営会社「バンダイナムコ島根スサノオマジック」の川崎寛最高経営責任者(CEO)は「被害者やファンの皆さまにご心配をおかけし、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。同CEOによると、鈴木監督は自身の行為を厳しい指導の延長と考えていたが、今はパワハラにあたると認識し、深く反省している。

Bリーグでは昨年8月、B2(2部)香川の監督がパワハラで1年間の職務停止処分を受けた。

【時事通信社】 〔写真説明〕Bリーグ島根の監督によるパワハラをめぐり、記者会見するチーム運営会社の川崎寛CEO=21日午後、松江市

2020年01月21日 19時53分


関連記事

横浜M、黒星スタート=J1

大野、新井、田代が優勝=東京五輪代表

柏、復帰初戦飾る=J1

浦和が競り勝つ=28年目シーズン開幕

東京マラソン、一般参加中止に=新型肺

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース