一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「1月解散」見送りの公算=菅首相、コロナ対処優先



来年1月の衆院解散・総選挙が見送られる公算が大きくなった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、菅義偉首相が当面は感染封じ込めと経済立て直しに全力を挙げるべきだとの判断に傾いた。複数の政府・与党関係者が28日、明らかにした。これを踏まえ、通常国会は予算編成上無理のない1月中旬に召集する方針で、18日開会を軸に最終調整する。

新型コロナ感染者は冬場に向けて急増しており、専門家の間では「社会活動を制限せざるを得ないステージ」(政府分科会関係者)との声が出ている。首相は衆院解散に際して専門家の見解を参考にする考えをかねて示しており、首相周辺は「この局面で解散すれば批判は避けられない」と語った。

【時事通信社】

2020年11月28日 16時38分

politics


関連記事

感染症法改正、刑事罰全削除=罰金は過

日米首脳、気候変動・コロナで連携=首

菅首相、首都圏で感染減少か分析=3次

高齢者への接種「4月以降」=ワクチン

緊急事態宣言、延長の公算=愛知、岐阜

事業者支援で与野党合意=コロナ法改正

半導体不足で車減産相次ぐ=政府、台湾

日米首脳が初の電話会談へ=同盟強化、

菅首相、緊急事態「1カ月で改善」は決

「出生時育休」22年10月にも=妻の

日米外相、尖閣への安保条約適用確認=

与党議員の銀座訪問、首相陳謝=「国民

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース