一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

得点王は前田とレアンドロダミアン=徳島が17位で降格―J1



明治安田J1リーグは4日、各地で最終節の10試合が行われ、今季最多3万人の観衆を集めた連覇の川崎と2位横浜Mの顔合わせは1―1で引き分けた。22ゴールでトップに並んでいた横浜Mの前田と川崎のレアンドロダミアンがともにゴールを決め、得点王のタイトルを分け合った。

徳島は広島に2―4で完敗して17位となり、1年でのJ2降格が決まった。清水はC大阪を下して14位、湘南はG大阪と引き分けて16位で残留。

鹿島は仙台に競り勝って4位を確保し、天皇杯の結果次第でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の望みをつないだ。3位神戸は鳥栖に快勝し、名古屋―浦和、F東京―福岡は引き分け。札幌は横浜Cに、大分は柏に勝った。

4チームが降格してJ2から磐田、京都が昇格し、来季は18チームに戻って行われる。

【時事通信社】 〔写真説明〕後半、同点ゴールを決めて喜ぶ横浜Mの前田(右)=4日、日産スタジアム 〔写真説明〕後半、先制ゴールを決めて喜ぶ川崎のレアンドロダミアン=4日、日産スタジアム 〔写真説明〕広島に敗れ、J2降格が決まった徳島の選手=4日、鳴門大塚

2021年12月04日 16時48分


関連記事

大阪桐蔭、広陵など32校決定=21世

日本が4連勝、2位守る=中国に2―0

コロナ禍、開幕まで1週間=冬の祭典、

名門に半世紀ぶり新大関=覚悟にじむ御

李相花さん「奈緒はできる」=連覇懸か

大関御嶽海、誕生=「感謝の気持ち大切

御嶽海3度目V、大関昇進へ=結びで照

御嶽海、Vも大関も=大相撲初場所千秋

御嶽海、単独トップ=照ノ富士は3敗―

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース